デジタルマーケティングTips

2021年10月のLINE仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年10月のLINE仕様変更発表まとめ

2021年10月に公式発表された、LINEの主要な仕様変更のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook | TikTok] [Google検索 | ブラウザ]

要点

メルマガでも情報を配信中です! ぜひご登録ください。

仕様変更:LIFF側でメッセージ送信先ユーザー選択の単複を制御可能に

ユーザーがターゲットピッカーでメッセージ送信先を選択する際に、送信先を複数選択できるか否かをLIFF側で制御できるようになりました。

liff.shareTargetPicker()メソッドに追加されたisMultipleプロパティをtrueにすると複数選択可、falseにすると不可(1人しか選択できない)となります。

仕様変更:公式アカウント告知用のポスターデータが未認証アカウントでも使用可能に

LINE公式アカウントの存在を知らせるポスターについて、未認証アカウントでもWeb版管理画面からダウンロードできるようになりました。

新機能:ビジネスマネージャー

LINE内のユーザーデータと広告主が独自に持つデータをまとめて管理し、広告配信等に利用できる「ビジネスマネージャー」が利用できるようになりました。

マックスマウスからのお知らせ

SNSマーケティング担当者向けのお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

SNS規約改定・仕様変更の情報はもちろん、情報発信の安定化・効率化、SNSを活用したプロモーションなどなど、SNS/Webマーケティング関係者向けの課題解決に役立つ、便利なサービス情報や活用法などをご案内します。

いますぐご登録ください!