デジタルマーケティングTips

2021年10月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年10月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

2021年10月に公式発表された、Twitterの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook | TikTok] [Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

要点

メルマガでも情報を配信中です! ぜひご登録ください。

規約改定:Twitterルール

Proアカウントに関するポリシー

新規ポリシーです。企業・事業者向けに新設された「Proアカウント」制度登録のための要件が記載されています。

登録資格のあるアカウントがサイドメニューから登録すると、企業・事業者が業種情報を「Proプロフィール」として登録できるほか、クイックプロモートという新しい広告形式が利用できます。

Twitter Spaces Spark Program Policy

Twitterスペースの配信者支援プログラムについて、一時期「Twitter Spaces Spark Fund」という名称で公開されていたのが、「Twitter Spaces Spark Program」に名称を変更して再公開・募集開始されました(10/22応募受付終了)。これに伴い、対象者の要件を規定するポリシーも「Twitter Spaces Spark Program Policy」に名称を変更して再公開されました。名称以外にポリシーの内容の変更はありません。

ルールとポリシー(一覧)

以下のポリシーへのリンクが一覧に追加(再掲載)されました。

Platform integrity and authenticity(プラットフォームの清廉性と真正性)

Platform Use Guidelines(プラットフォーム利用ガイドライン)

規約改定:広告ポリシー

金融商品・サービス

「暗号通貨トークンの販売」に関する広告が全世界禁止事項から除外(解禁)されました。

ただし、「非代替性トークン(NFT)および関連商品」については全世界制限事項として改めて記載されました。同商品の広告掲載希望者はTwitterに問い合わせが必要です。

仕様変更:公式ボタンの形状変更

Twitter公式の各種ボタン(埋め込みコードがサイト上で支給されるもの)の形状が、角丸長方形から両端半円に変更されました。

横幅変更によるレイアウト崩れに注意

ボタンの形状変更に伴い、必要な横幅が若干広くなりました。ギリギリのスペースにボタンを詰め込んでいるサイト等は、レイアウト崩れに注意する必要があります。

ツイートボタン(変更前)
日本語ツイートボタン小・仕様変更前(幅75px)

               ↓ 

ツイートボタン(変更後)
日本語ツイートボタン小・仕様変更後(幅89px)

仕様変更:スペース開始時の招待がより簡単に

スペース配信開始時に、最初に招待する人を選択し、ダイレクトメッセージで招待を送れるようになりました。10/12にiOSで実装されたのち、10/23にAndroidでも実装が行われています。

仕様変更:スペース開始ボタン(iOS限定)

英語版iOSユーザー向けに、下部メニューにスペース用タブを表示するボタンが順次実装されます。他言語iOSやAndroidのユーザーにも今後開放される予定で、Androidでは一部のユーザー向けにテスト実装が開始されました。

仕様変更:ライブ配信時のゲスト招待機能廃止

Twitterでのライブ配信中にゲストを呼ぶ機能が削除されます。引き換えに、配信品質は向上する予定です。

仕様変更:TwitterからRevueに直接読者登録

10/23より、Revueのニュースレター記事がTwitter上でシェアされると、リンクプレビュー枠から直接[購読する]ボタンを押せるようになりました。

仕様変更:スペースを全iOS/Androidユーザーに開放

全iOS/Androidユーザーが(フォロワー数に関係なく)スペースをホストできるようになりました。

仕様変更:チケット制スペースの購入機能開放(iOS)

チケット制スペースのチケット購入機能が全iOSユーザーに開放されました。Androidでも順次開放されていく予定です。

新機能:ダークモードのOS設定自動追従(Android)

Android版Twitterで、ダークモード設定をOSの設定に追従させられるようになりました。

サイドバーメニュー左下の電球マークをタップするか、設定の[アクセシビリティ、表示、言語]-[表示]-[ダークモード]で設定を表示し、[端末の設定を使う]を選ぶと使用できます。

新機能:自分へのフォローを外す機能(正式版・Web限定)

9月にテストが公表されていた、自分に対するフォローをブロックしなくてもフォロワー一覧から解除できる機能が、全Web版ユーザーに開放されました。

  • フォローを外したことによる相手への通知等は行われません。
  • 相手が自分のプロフィールを見ると、フォローされた側から解除したことは把握されます。
  • 相手は自分を自由に再フォローできます。

仕様変更:リプライ表示デザインの変更(テスト中)

AndroidおよびWeb版にて、リプライ表示のデザイン変更がテストされています。

スパム、有害な投稿、攻撃的な投稿等がリプライにつく場合、該当リプライを含むセクションの詳細説明が表示されます。

[ホーム][最新ツイート]のタイムライン切り替え改良(テスト中)

一部のiOSユーザー向けに、タイムライン切り替え機能の改良テストが行われています。

従来切り替えに使用していた十字星アイコンをタップすると、切り替え確認ダイアログの代わりに、[ホーム][最新ツイート]の切り替えタブが現れ、プロフィール画面と同様左右スワイプ等で両タイムラインを切り替えられるようになります。

マックスマウスからのお知らせ

SNSマーケティング担当者向けのお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

SNS規約改定・仕様変更の情報はもちろん、情報発信の安定化・効率化、SNSを活用したプロモーションなどなど、SNS/Webマーケティング関係者向けの課題解決に役立つ、便利なサービス情報や活用法などをご案内します。

いますぐご登録ください!