デジタルマーケティングTips

2021年9月のTikTok規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年9月のTikTok規約改定・仕様変更発表まとめ

2021年9月に公式発表された、TikTokの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook | TikTok] [Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

要点

メルマガでも情報を配信中です! ぜひご登録ください。

規約改定:プライバシーポリシー

地域・言語が切り替えボタンで切り替える仕組みに変わりました。規約の内容は変更ありません。

新機能:マーケティング支援プラットフォームの強化

マーケティング/プロモーション用の支援ツール/プラットフォームが強化されました。

  • TikTok Creator Marketplace…広告主とクリエイターのマッチングサービス
  • TikTok Creator Marketplace API…Captiv8・Influential・Whalar等のインフルエンサーマーケティングプラットフォームから、APIでTikTokのファーストパーティマーケットプレイスデータにアクセス可能
  • Open Application Campaigns…TikTok Creator Marketplaceクリエイターの応募判断材料として、ブランドが施策の概要を掲載できる機能
  • Branded Content Toggle…クリエイティブフローの分散を防ぎつつ、動画へのマーク付与と商業コンテンツの公開を可能にする機能
  • Customized Instant Page…ブランドが手軽にランディングページを構築できる機能

仕様変更:安全保護強化

ユーザーの安全保護の機能が強化されます。

  • 自殺志願関連の検索を行ったユーザーに、支援機関への連絡先等を表示するようになりました。
  • 検索結果で精神的苦痛の大きいコンテンツが表示される場合、一度注意喚起画面を挟み、[結果を表示]ボタンを押した場合にのみ結果を表示するようになりました。

マックスマウスからのお知らせ

SNSマーケティング担当者向けのお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

SNS規約改定・仕様変更の情報はもちろん、情報発信の安定化・効率化、SNSを活用したプロモーションなどなど、SNS/Webマーケティング関係者向けの課題解決に役立つ、便利なサービス情報や活用法などをご案内します。

いますぐご登録ください!