デジタルマーケティングTips

2021年6月のInstagram規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年6月のInstagram仕様変更発表まとめ

2021年6月に公式発表された、Instagramの主要な規約改定・仕様変更発表のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

要点

メルマガでも情報を配信中です! ぜひご登録ください。

規約改定:開発者ポリシー

8.MessengerとInstagramのメッセージAPI

セクション名が変更になり、全体的にFacebook Messengerに加えてInstagramダイレクトメッセージも取り扱い対象に含まれるようになりました。これに伴い対応する部分の記述が変更されています。

新機能:リール広告

リールを表示しているユーザー向けに、リールとリールの合間や一覧表示内に30秒の広告を流せるようになりました。

ユーザーはリール広告にコメント・いいね・保存・シェアを行えます。

新機能:投稿や配信からのマネタイズ手段拡充

アフィリエイト投稿や配信中のバッジ販売等でマネタイズを行う方法が強化されました。

  • ショップをクリエイター個人プロフィールにリンクできるようになりました。ビジネスプロフィールでなくてもクリエイター個人投稿から商品にリンクできます。
  • 米国の一部クリエイターについては、アカウントを提携ECサイトのアカウントに連結できるようになります。(年内予定)
  • ライブ配信時に特定の条件(マイルストーン)を達成すると、追加の支払いを受ける資格が得られます。
  • 指定された期間中にスターを規定量獲得してマイルストーンを達成すると、支払いを受ける資格が得られます。

マックスマウスからのお知らせ

SNSマーケティング担当者向けのお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

SNS規約改定・仕様変更の情報はもちろん、情報発信の安定化・効率化、SNSを活用したプロモーションなどなど、SNS/Webマーケティング関係者向けの課題解決に役立つ、便利なサービス情報や活用法などをご案内します。

いますぐご登録ください!