デジタルマーケティングTips

2020年2月のGoogle検索・アクセス解析仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像

2020年2月に公式発表された、Google検索・アクセス解析関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

Google Search Console レビュースニペット関連の機能拡張

Google Search Consoleで、レビュースニペット表示関連の解析機能が拡張されます。

  • レビュースニペット表示用に取得する構造化データのエラー発生状況をレポートとして表示できるようになります。
  • レビュースニペット経由でのクリック・流入が発生した場合、検索パフォーマンスレポートの[検索での見え方]で、[レビュースニペット]によるフィルタリング・計測が行えるようになります。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog: New reports for review snippets in Search Console (2020/02/10)
 https://webmasters.googleblog.com/2020/02/review-snippets.html新しいウィンドウで開きます

Google Search Console データエクスポートの利便性強化

Google Search Consoleでのデータエクスポートがさらに便利になりました。

  • 結果をExcel形式で直接ダウンロードできるようになりました。(これまではGoogle Spreadsheet形式でエクスポートしたあと、Excel形式で再保存する必要がありました)
  • 1つのレポートページに複数の表が表示されているのをエクスポートした場合、Google Spreadsheet/Excelでは1つのファイル内に複数のタブで保存、CSVの場合は複数のCSVファイルをzipで固めてダウンロードするようになりました。
    例えば検索パフォーマンスであれば、[クエリ][ページ][国][デバイス][検索での見え方][日付]各タブの集計結果を、まとめて1回のエクスポート作業でダウンロードできるようになり、アクセス解析の手間が大幅に軽減されます。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog: More & better data export in Search Console (2020/02/26)
 https://webmasters.googleblog.com/2020/02/data-export.html新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)やアクセス解析による改善提案など、Webサイト運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。