デジタルマーケティングTips

2020年1月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

2020年1月(~2月初め)に公式発表された、各種ブラウザ関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

2020年: 01
2019年: 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

Chrome:暗号化サイトからの非暗号化ファイルダウンロード廃止

SSL/TLS暗号化(https)サイトから、非暗号化(http)サーバー内のファイルを端末にローカルにダウンロードする機能が、段階的に廃止されます。非暗号化(http)領域にダウンロードファイルが残存している場合は、期限までに暗号化(https)領域へのファイル移動・URL変更が必要です。

デスクトップ版Chrome 82(2020年4月公開予定)以降、プログラム実行ファイルなどリスクの高いファイル種別から[警告表示]⇒[ダウンロード遮断]の順で対策が行われます。最終的にはChrome 86(2020年10月公開予定)で、暗号化サイトからのあらゆる非暗号化ファイルのダウンロードが遮断されます。詳細は以下の通りです。

  • 実行形式プログラム(exe、apk等)…82で警告表示、83以降ダウンロード遮断
  • アーカイブファイル(zip、iso等)…83で警告表示、84以降ダウンロード遮断
  • 静止画・動画・音声・テキスト……85で警告表示、86以降ダウンロード遮断
  • その他のファイル…84で警告表示、85以降ダウンロード遮断

なお、モバイル版Chrome(Android / iOS)では、デスクトップ版より1バージョン遅れての実装となる予定です。

前もって動作テストを行いたい場合は、Chromeのアドレスバーに chrome://flags を入れて開発中機能の設定メニューを開き、[Treat risky downloads over insecure connections as active mixed content]を[Enabled]に変えて再起動することで、該当機能を先行して有効化できます。

※参照:Chromium Blog: Protecting users from insecure downloads in Google Chrome (2020/02/06)
 https://blog.chromium.org/2020/02/protecting-users-from-insecure.html新しいウィンドウで開きます

Chrome:サードパーティCookie対応廃止の方向性

ChromeでのサードパーティCookie対応が、今後2年以内をめどに廃止される予定であることが発表されました。2年の移行期間のあいだに、広告や計測など様々なエコシステムを、サードパーティCookieに頼らない、よりユーザープライバシーに配慮した方式に移行させていくことになります。

2020年末までに、コンバージョン計測やパーソナライズの分野で最初の取り組みが開始される予定です。

※参照:Chromium Blog:Building a more private web: A path towards making third party cookies obsolete (2020/01/14)
 https://blog.chromium.org/2020/01/building-more-private-web-path-towards.html新しいウィンドウで開きます

Chrome:動画用広告の表示制限(2020年8月以降)

2020/08/05以降、ユーザー体験の妨げになる広告を動画内に挿入するWebサイトは、Chrome側で広告の表示を停止させる予定であることが発表されました。(国際的な広告業界団体の指針に基づく対応です)

以下の動画用広告を表示するサイトが対象となります。

  • プリロール動画広告…動画再生前に、長さ合計31秒超かつ最初の5秒がスキップ不可能な動画広告が挿入されるもの
  • ミッドロール動画広告…動画再生途中で動画広告が挿入されるもの(長さ問わず)
  • プレーヤー内バナー広告…再生中の動画の前面に、プレーヤーの1/3以上もしくは動画本体の20%以上の面積のバナー広告(静止画・テキスト)を表示するもの

該当するサイトは、期限までに動画内の広告表示仕様を変更する必要があります。

なお、YouTubeもこの例外ではないため、YouTubeの広告メニューにも仕様変更が行われる見込みです。

※参照:Chromium Blog: Videos with fewer intrusive ads (2020/02/05)
 https://blog.chromium.org/2020/02/videos-with-fewer-intrusive-ads.html新しいウィンドウで開きます

Chrome(iOS):Payment Request API廃止

iOS版Chrome 81でPayment Request APIが無効化されます。
※決済関係のAPIをPayment Request APIからPayment Handler APIに移行する動きの一環です

Payment Request APIをベースにした'basic-card'を使用するシステムは、iOS版Chromeを対象ブラウザとしている場合、Payment Handler APIに移行する必要があります。

※参照:Chromium Blog: Rethinking Payment Request for iOS Chrome (2020/01/29)
 https://blog.chromium.org/2020/01/rethinking-payment-request-for-ios.html新しいウィンドウで開きます

Microsoft Edge:z-indexデバッグ用3D表示モード

新Microsoft Edge開発者ツールで、z-indexによる要素の重なり方が3D表示で分かりやすく確認できるモードが追加されました。

Canary版では標準で有効になっていますが、ほかのバージョンでは初期状態では無効化されており、開発者ツールで3D Viewを有効にする必要があります。

※参照:Debug z-index stacking content with 3D View in the Microsoft Edge DevTools - Microsoft Edge Blog (2020/01/23)
 https://blogs.windows.com/msedgedev/2020/01/23/debug-z-index-3d-view-edge-devtools/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、大規模サイトから中小サイトまで、様々な業種向けにWebサイト構築・リニューアル・運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。