デジタルマーケティングTips

2020年1月のGoogle検索・アクセス解析仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像

2020年1月に公式発表された、Google検索・アクセス解析関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

Google検索構造化データ表示のdata-vocabulary.org対応終了

構造化データマークアップのGoogleリッチ検索結果表示について、Google検索では2020/04/06をもってdata-vocabulary.org形式への対応を終了することになりました。(data-vocabulary.orgがなくなるわけではなく、他サービスでdata-vocabulary.orgへの対応を継続するものは引き続き使えます)

data-vocabulary.org方式で構造化マークアップされたページが今後Googleのリッチ検索結果機能に対応するには、schema.org形式での記述に書き換える必要があります。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog: Sunsetting support for data-vocabulary (2020/01/21)
 https://webmasters.googleblog.com/2020/01/data-vocabulary.html新しいウィンドウで開きます

新機能:インデックス削除リクエスト

Google Search Consoleの画面内で、検索インデックスからの削除(検索避け)リクエストおよび状況の管理ができるようになりました。

指定したURL、もしくはそのURL以下のディレクトリの全ページについて、一時的な削除(6ヶ月有効)を行ったり、Googleのキャッシュ・スニペットだけを削除したりできるようになります。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog:New Removals report in Search Console (2020/01/28)
 https://webmasters.googleblog.com/2020/01/new-removals-report-in-search-console.html新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)やアクセス解析による改善提案など、Webサイト運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。