デジタルマーケティングTips

2021年7月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年7月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

2021年7月に公式発表された、各種ブラウザ関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

要点

メルマガでも情報を配信中です! ぜひご登録ください。

Chrome 93新機能・仕様変更

Chrome 93の変更点概要です。

追加

  • Webバンドルを使った複数リソースの効率的な読み込みが可能に(オリジントライアルから正規機能に昇格)
  • WebXR平面検知API(オリジントライアルから正規機能に昇格)
  • AbortSignal.abort()静的メソッド
  • CSS Flexbox属性値追加
  • Error.causeプロパティ
  • ブラウザのテーマ(上部ツールバー等)の色をカラースキーム(ライト/ダーク)に合わせて指定可能
  • 動画再生速度変更をコンテンツ側で無効化する機能
  • Sec-CH-Prefers-Color-Scheme…ユーザーカラースキーム設定のWebページデザイン反映をオプション扱いで実行する
  • User-AgentクライアントヒントAPI追加
  • WebOTP API(ワンタイムパスワード通知をタップするとブラウザに入力される機能)が、モバイル連携したPCでも利用可能に
  • Object.hasOwnプロパティ

オリジントライアル(先行試験実装)

  • [Cross-Origin-Embedder-Policy: credentialless]設定…クロスオリジン共有禁止リクエストを出すときに証明書を省略できるようになる
  • マルチスクリーンウィンドウ配置API
  • ウィンドウコントロールオーバーレイが、タイトルバーや最小化/最大化/終了ボタン等を含むウィンドウ全体を制御できるようになった
  • URLハンドラーにPWAを指定可能…メール等のURLをクリックした際に、ブラウザではなくPWAでWebアプリを開くような実装が可能になる

廃止

  • ポート番号989・990に対するHTTP・HTTPS・FTPでの接続を遮断
  • TLSにおけるトリプルDESへの対応を廃止
  • WebAssemblyモジュールのクロスオリジン共有を廃止

Chrome 94以降、SSL非対応サイトで全画面警告を挿入

  • Chrome 94以降、非SSL(HTTP)サイトに接続しようとすると、自動的にHTTP→HTTPSに切り替えて接続を試みます。
    このとき、SSL版サイトがない場合、HTTP接続する前に、全画面での警告画面が1枚挟まれるようになります。
  • Chrome 93以降、SSLの錠マークが、より一般的な開閉ボックスアイコンに切り替わります。

マックスマウスからのお知らせ

Web制作・マーケティング担当者向けのお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

WebサイトやSNSでの情報発信の安定化・効率化、CMS導入・運用、脆弱性対策、Flashコンテンツ置き換え、Webプロモーションなどなど、Web制作・マーケティング関係者向けの課題解決に役立つ、便利なサービス情報や活用法などをご案内します。

いますぐご登録ください!