デジタルマーケティングTips

2021年7月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年7月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

2021年7月に公式発表された、Twitterの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

要点

メルマガでも情報を配信中です! ぜひご登録ください。

規約改定:Twitter利用規約

2021/08/19に利用規約が改訂される予定です。

4.本サービスの利用

Twitterの有料サービスに関する記述が追加されます。

規約改定:Twitterプライバシーポリシー

2021/08/19にTwitterプライバシーポリシーが改訂される予定です。

冒頭

プライバシーポリシーの存在目的に関する説明文が追加されました。

1.1 基本アカウント情報

職業上のアカウント(professional account)を作成する際の注意事項が追加されました。

  • ユーザーはTwitterに職業カテゴリーの情報を提供する必要があります。
  • ユーザーは任意で所在地・メールアドレス・電話番号等の追加情報を提供することができます。なおこれらの情報は常時公開されます。

1.2 公開情報

  • 投稿された視聴覚コンテンツ(静止画・動画・音声等)について、Twitterはこれらを文字起こし等を目的として自由に解析できる、という内容が追加されました。
  • ライブ配信やそれへの参加に伴うアクションは全て公開情報となる、という記述が、Twitterスペースを伴う記述に更新されました。

1.3 連絡先情報とアドレス帳

ユーザーの連絡先情報(アドレス帳)をTwitterが使用することについて、「ユーザーの設定に応じて」という条件が追加されました。

1.5 お支払情報

支払い情報の取扱いについて、以下が更新されました。

  • 「仲介業者を通す場合を含みます」という記述が追加されました。
  • サブスクリプションの自動更新に関する記述が追加されました。

2.5 Twitterによるウェブデータの取得

Twitterによるユーザーの第三者サイト閲覧履歴取得について、英国のユーザーが対象外になりました。(EU加盟時代と同じに戻りました)

3.1 コントロールの共有

第三者パートナーの動画視聴情報の扱いに関する記述が追加されました。

4.1 自身の個人情報へのアクセスまたはその修正

個人情報の修正や削除について、ユーザーが他ユーザーから代理人として委託され、該当ユーザーの情報を修正・削除する手続きに関する記述が追加されました。また、認証の際にユーザーからTwitterへ追加の情報提供が求められることがある旨も追記されました。

6 Twitterのグローバルオペレーションおよびデータ移転 (旧称 Twitterのグローバルオペレーションおよびプライバシー・シールド)

  • セクション名が変更されました。
  • Twitterは、カリフォルニア州消費者プライバシー法に定義された個人情報を販売しないということが明記されました。
  • ユーザー個人情報の域外移転先の保護水準保証(EU・英国等で適用)について、ブラジルも同様の対象になることが明記されました。また、EU・EFTA・英国については個人情報を域外移転しないことが明記されました。

規約改定:Twitterルール

攻撃的な行為

「多数の死傷者が発生した事件の否定」セクションについて、5月に新設されたあと6月のデザインリニューアル時に巻き戻って消えたのが、そのままの文面で復活しました。一時削除前の内容からの変更点はありません。

暴言や脅迫、差別的言動に対するTwitterのポリシー

「大量殺人、暴力事件、または法的または社会的に守られるべき特定の集団が標的または被害者となる具体的な暴行をほのめかす発言」セクションについて、5月に更新されたあと、6月のデザインリニューアル時に巻き戻って消えた内容(集団に対する攻撃の禁止、テキストをペナルティ対象に追加)が復活しました。

著作権に関するポリシー

Periscopeの苦情申し立てに関する記述が削除されました。

苦情処理担当者 - インド

  • 6月に削除されたインドの窓口が復活しました。所在地は以前のままですが、担当者名は以前と変わっています。
  • 上記窓口について「正しいチャネルではありません」という記述が削除されました。ただし、執行機関/捜査機関からの要請に関する正規の窓口が専用フォーム新しいウィンドウで開きますであることについてはそのままです。
  • 透明性レポートに関するセクションが追加されました。

Twitter Insiders and Creator Insiders Terms of Use

Twitter Creator Insiders Programを対象に加えた利用規約として名称が変更になり、該当部分が適宜書き換えられました。

規約改定:Twitter広告ポリシー

広告ポリシー(本体)

「Amplifyプレロールパブリッシャープログラムに関するよくある質問」の名称変更、「ブランドセーフティに関するポリシー」の分離独立に伴い、該当部分の加筆修正が行われました。

アルコール関連のコンテンツ

スロベニアとパラグアイについて、アルコール商品のオンライン販売に関する広告の配信許可が取り消されました。なお、ブランディング広告の配信は引き続き許可されます。

Amplifyプレロールパブリッシャープログラムに関するよくある質問

  • 名称に「プレロール」が挿入されました。
  • ブランドセーフティ関連の記述が簡略化され、詳細は「ブランドセーフティに関するポリシー」として独立しました。

ブランドセーフティに関するポリシー

新規ポリシーです。Amplifyパブリッシャープログラムに関するよくある質問(現:Amplifyプレロールパブリッシャープログラムに関するよくある質問)のうち、ブランドセーフティ関連の制限事項が独立ポリシー化したものです。

賭博関連のコンテンツ

オーストラリア

  • 実店舗カジノおよび競馬の広告が解禁されました。
  • スポーツくじおよび宝くじについては、事前にTwitterの承諾が必要という記述が削除されました。

インド

  • ファンタジースポーツの広告について、アッサム州・オリッサ(オディシャ)州のユーザーを配信対象にすることが禁止されました。

健康および医薬品に関する商品とサービス

本ポリシー対象外事項

  • 新型コロナウィルスに関する特記事項について、マネージド広告限定とする記述が削除され、それ以外の広告主についても対象に加わりました。

米国

遠隔医療サービスに関する広告が条件付きで許可されるようになりました。

  • 患者から医師/サービス提供者向けのサービスが対象です。
  • 医療サービス提供者が営業許可を受けている州に対してのみ広告を配信できます。
  • 事前にTwitterの認可を得る必要があります。

不適切なコンテンツ

新型コロナウィルスに関する特記事項

7/13付で以下が更新されました。

  • マネージド広告限定とする記述が削除され、それ以外の広告主についても対象に加わりました。
  • 禁止事項/許可事項に関する記述が統合・再編され、禁止事項のみを記述する方式に変わりました。これに伴い、手指消毒液については「許可はするが、広告内でコロナに言及することは不可」と条件付きで解禁されました。

関連ポリシー

以下のポリシーへのリンクが追加されました。

これに伴い、以下のポリシーへのリンクが削除されました。

仕様変更:フリート廃止

2021/08/03をもってフリート機能が廃止されました。

フリートで取り入れられていた全画面カメラやGIFステッカーなどは、ツイート作成画面やアプリ内カメラ機能内の機能として継承するテストを行う予定です。

新機能:音声ツイートの字幕自動生成・表示

音声ツイートに字幕を自動表示する機能の実装が始まりました。[CC]ボタンを押すと、自動生成された字幕が表示されます。

新機能:リプライへのマイナス投票機能(一部で先行テスト中)

一部ユーザーのiOS端末で、リプライへのいいねの代わりに、プラス投票/マイナス投票機能がテスト実装されています。マイナス投票は公開表示されず、プラス投票はいいねとして表示されます。

新機能:ショップモジュール(テスト中)

プロフィール表示直下にネットショップ機能を付加できる「ショップモジュール」のテストがiOS版アプリで開始されました。

仕様変更:アカウントロック/凍結告知の新形式(テスト中)

アカウントがロック/凍結された場合に、本人へのお知らせがバナーとして表示される機能がテスト中です。

仕様変更:Twitter API v2でリツイートが可能に

Twitter API v2で、リツイートを行うエンドポイントが実装されました。

仕様変更:TweetDeckリニューアル(海外先行テスト中)

一部のTwitterアカウント(米国・カナダ・オーストラリアのうち少数)で、TweetDeckの新バージョンがテスト中です。以下の機能が追加されます。

  • 詳細検索機能
  • ツイート作成画面でスレッド投稿・アニメGIF・絵文字が使えるようになる
  • 表示タイプにトピック・モーメント・ブックマーク等を追加
  • デッキ…複数のカラム構成をセットにして登録しておき、一気に複数を切り替えらえる機能

マックスマウスからのお知らせ

SNSマーケティング担当者向けのお役立ち情報をメールマガジンでお届け!

SNS規約改定・仕様変更の情報はもちろん、情報発信の安定化・効率化、SNSを活用したプロモーションなどなど、SNS/Webマーケティング関係者向けの課題解決に役立つ、便利なサービス情報や活用法などをご案内します。

いますぐご登録ください!