デジタルマーケティングTips

2021年1月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年1月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

2021年1月に公式発表された、Facebookの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:Facebook利用規約

末尾の関連規約・ポリシー一覧で、「EU、EEA、および英国の利用者に関連するメッセージサービス利用規約」へのリンクが削除されました。

最終更新日の記載は2020/10/22のまま変更ありません。また、リンクされていたページは存続しています。

※参照:Facebook利用規約
 https://www.facebook.com/legal/terms新しいウィンドウで開きます
 Facebook Messaging Services
 https://www.facebook.com/legal/terms/eecc/contract_summary新しいウィンドウで開きます
 European Electronic Communications Code
 https://www.facebook.com/legal/terms/eecc/flyout新しいウィンドウで開きます

規約改定:コミュニティ規定

1. 暴力と扇動

投稿禁止対象に以下が追加されました。

  • 暴力行為の標的を示すシンボルや、暴力を表す視覚要素によって、深刻度が高い暴力行為を意図する発言
  • 誘拐を描写するコンテンツ(被害者や家族が助けを求めるものと明白に分かるものは投稿可)
  • デジタル加工画像/映像によって存命人物を標的とする暴力行為の脅迫をするコンテンツ

上記の追加に伴い、投稿禁止対象から以下の項目が削除・統合されました。

  • 私人/未成年公人の画像等に暴力脅迫を示唆する加工を加えたもの

投稿禁止対象[攻撃される可能性の高い人物の関係者の身元情報や場所を晒すコンテンツ]の記述が簡略化・包括化され、対象者が被害リスクのあるグループに属することを晒すコンテンツが広く禁止になりました。

投稿禁止(要調査)の対象[宗教施設・教育施設・選挙関連施設への武器持ち込みに関する発言]について、[抗議活動に対する反対抗議活動]や、[7日以内の同地域での暴動]が例として加わりました。

※参照:1. Violence and Incitement / 暴力と扇動
 https://www.facebook.com/communitystandards/credible_violence新しいウィンドウで開きます

3. 危害を加えるための計画および犯罪の宣伝

投稿禁止対象に以下が追加されました。

  • 健康問題に対して奇跡的な回復をもたらすと主張するもの
  • 伝染病を能動的かつ故意に拡散させようとするもの
  • 選挙で投票すると新型コロナウィルスやその他の伝染病に感染するという主張

※参照:3. Coordinating Harm and Publicizing Crime / 危害を加えるための計画および犯罪の宣伝
 https://www.facebook.com/communitystandards/coordinating_harm_publicizing_crime新しいウィンドウで開きます

4. 規制対象商品

投稿禁止対象[絶滅危惧種以外の生きている動物の個人間売買に関するコンテンツ]について、「家畜」が禁止対象から除外されました。

※参照:4. Regulated Goods / 規制対象商品
 https://www.facebook.com/communitystandards/regulated_goods新しいウィンドウで開きます

7. 児童に対する性的搾取、虐待、児童のヌード

児童(乳幼児~未成年者)が関わる性行為・裸体に関するコンテンツもしくは性的な描写の禁止について、範囲の拡大・記述の詳細化が行われました。

  • 性描写全般について「実在もしくは非実在」と明記(実在のモデルがいない絵なども全て写真等と同様に対象となります)
  • 性行為とみなす対象の定義の詳細化
  • 直接描写・擁護以外に、脅迫、称賛、方法の解説、意図の表明、参加呼びかけ、URLシェアが禁止行為に追加
  • 動物が絡む描写の禁止
  • 児童性搾取の被害者とされる人を、名前や画像で特定もしくは嘲笑する行為の禁止
  • 裸体の制限について、実在乳児、実在の幼児~未成年者、非実在の児童の記述を分割
  • 上記制限とは別に「児童の性器のアップ」を禁止
  • 児童を性的対象とするグループ・Facebookページ・プロフィールの禁止
  • 児童に対して金銭や性的画像を要求する脅迫等、他セクションにも記述のある禁止行為を本セクションにも追加

※参照:7. Child Sexual Exploitation, Abuse and Nudity / 児童に対する性的搾取、虐待、児童のヌード
 https://www.facebook.com/communitystandards/child_nudity_sexual_exploitation新しいウィンドウで開きます

9. いじめと嫌がらせ

  • 投稿禁止対象[死を賞賛する、祝う、またはあざけるコンテンツ]について、「重度の負傷」の場合も死亡と同様に禁止対象に加わりました。
  • 従来冒頭警告表示のみだった[未成年に対する身体的ないじめや暴力を非難するキャプションを加えた動画]が、冒頭に選択肢を挟んでユーザーが視聴するかどうかを明示的に選択する形式に変更されました。

※参照:9. Bullying and Harassment / いじめと嫌がらせ
 https://www.facebook.com/communitystandards/bullying新しいウィンドウで開きます

12. ヘイトスピーチ

  • 基本理念内の「保護特性」の例から「ジェンダー(gender)」が外れました。性別(sex)と性同一性(gender identity)は存続します。
    また、「攻撃」の対象行為として、「侮辱、嫌悪、追放、暴言」が追加されました。
  • 投稿禁止レベル1の、人間性を否定する比喩表現の例として、「不可触民(カースト制度の被差別民)を卑しい労働者として扱うこと」が追加されました。
  • 投稿禁止レベル3の、「移民政策に対する批判や、移民政策の制限についての議論は認められます」という文が削除されました。

※参照:12. Hate Speech / ヘイトスピーチ
 https://www.facebook.com/communitystandards/hate_speech新しいウィンドウで開きます

規約改定:データに関するポリシー

IX.Facebookへのお問い合わせ

TRUSTeの問い合わせフォームへのリンクが削除されました。

※参照:Data Policy / データに関するポリシー
 https://www.facebook.com/about/privacy新しいウィンドウで開きます

規約改定:開発者ポリシー

10.3・11.3…文中で指しているセクション番号の間違いが修正されました。(3→2)

※参照:Developer Policies / 開発者ポリシー
 https://developers.facebook.com/devpolicy新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Facebookページ、Twitter・Instagram・LINEアカウント等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。