デジタルマーケティングTips

2021年1月のLINE仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年1月のLINE仕様変更発表まとめ

2021年1月に公式発表された、LINEの主要な仕様変更のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

仕様変更:LIFFアプリのセーフエリア厳格化

iOS/iPadOS版LINE v11.0.0以降、セーフエリアの扱いが厳格化します。

これに伴い、角丸画面の端末で画面全体に表示を行う(上下端も使う)LIFFアプリは、meta内にviewport-fit=coverを指定する必要があります。

※参照:ニュース: LIFFアプリおよびLINEミニアプリの「セーフエリア」の取り扱いが厳格化します | LINE Developers (2021/01/21)
 https://developers.line.biz/ja/news/2021/01/21/about-liff-safe-area/新しいウィンドウで開きます

仕様変更:旧ドメイン名でのMessaging APIリクエスト一部受付停止

LINE Messaging APIの一部エンドポイントについて、ドメイン変更「api.line.me」→「api-data.line.me」の移行期間が終了したため、旧ドメインでの受付が停止されました。

※参照:ニュース: 一部エンドポイントにおいて旧ドメイン名でのリクエスト受付を停止しました | LINE Developers (2021/01/21)
 https://developers.line.biz/ja/news/2021/01/21/no-longer-provided-with-the-old-domain-name/新しいウィンドウで開きます

新機能:LINE広告/ポイントADのオーディエンスをMessaging APIで利用可能に

LINE広告・LINEポイントADのオーディエンスにアクセスするエンドポイントについて、オーディエンス情報の取得ができるようになりました。これによって、広告用オーディエンス情報をMessaging APIから使えるようになります。

※参照:ニュース: LINE広告やLINEポイントADで作成したオーディエンスをMessaging APIから利用できるようになりました | LINE Developers (2021/01/27)
 https://developers.line.biz/ja/news/2021/01/27/activate-audience-api/新しいウィンドウで開きます

新機能:LINEコール用のURL&QR発行機能

LINEコール(LINE公式アカウントで通話問い合わせを受け付ける機能)について、アクセス用のURLとQRコードが発行できるようになりました。

※参照:「LINEコール」にURLとQRコードの発行ができる新機能が追加 | LINE for Business (2021/01/27)
 https://www.linebiz.com/jp/news/line-call/新しいウィンドウで開きます

新機能:LINEリサーチがオンラインインタビューに対応

LINEリサーチの定性調査メニューについて、従来の対面型インタビューに加えて、オンラインで行えるインタビューが利用できるようになりました。

※参照:LINEリサーチ、定性調査における新メニューとして 「オンラインインタビュー」の対応を開始 | LINE for Business (2021/01/20)
 https://www.linebiz.com/jp/news/20210120/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式LINEアカウント・Twitter・Instagram・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。