デジタルマーケティングTips

2020年11月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2020年11月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

2020年11月(~12月初め)に公式発表された、各種ブラウザ関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

Chrome 88 変更点概要

Chrome 88の変更点概要です。

追加・拡張

  • Digital Goods API…課金アイテム購入機能用のAPI
  • マウス移動量について、加速補正前の素の数値を取得可能に(オリジントライアルから正規機能に昇格)
  • アスペクト比そのものを直接CSSで指定可能に(縦横の片方とアスペクト比を指定すれば、縦横のもう片方は指定アスペクト比に応じて自動計算される)
  • フォームとスクロールバーのダークモード対応
  • 否定擬似クラス:not()に複数の要素を入れてもよくなった
  • CSSのclip-pathプロパティで、SVG(URL指定)やpath()への直接指定による複雑なパス抜きができるようになった
  • WebRTCでトランシーバーの送受信を停止する機能
  • オプトインによるオリジン分離設定

オリジントライアル(先行試験実装)

  • WebXR…ARの環境光推定機能(Androidのみ)

変更

  • target="_blank"指定時にrel="noopener"相当の効果もデフォルトで付与されるようにする(タブナッピング脆弱性対策)
  • addEventListener()内のAbortSignalオプションが"signal"に対応
  • Wake lock API(スリープ防止・起動維持)についてtypeパラメーターをオプションに変更し、デフォルトを"screen"にする
  • V8 JavaScript Engineのバージョンがv8.8に変更
  • Feature-PolicyHTTPヘッダーの代わりにPermissions-Policyを使用するようになった

廃止

  • タブを閉じる際のポップアップ表示
  • FTPのブラウザ表示
  • Web Components v0

※参照:Chromium Blog: Chrome 88: Digital Goods, Lighting Estimation in Augmented Reality, and More (2020/12/03)
 https://blog.chromium.org/2020/12/chrome-88-digital-goods-lighting.html新しいウィンドウで開きます

Safari 14用WebKit 変更点概要

Safari 14用WebKitの変更点概要です。

追加・拡張

  • Safari用拡張機能(アプリと同様、一般開発者がXcodeで開発しApp Storeに掲載)
  • Webページ翻訳機能(英西中仏独露葡)と、Webページ内要素を指定してSafariでの自動翻訳対象外とするマークアップ
  • TouchID・FaceIDへの対応
  • WebP画像表示(可逆圧縮・透過・アニメーション対応)
  • HDR動画再生+CSSによるファイル出し分け
  • ピクチャインピクチャ再生API
  • JavaScriptでデータ型BigIntに対応、論理演算子3種追加
  • Webインスペクタで、[リソース]タブと[デバッガー]タブを組み合わせた[ソース]タブを追加
  • CSSでimage-orientation: noneと指定した場合、EXIFの画像回転情報をWeb側で無視できるようになった(デフォルトはimage-orientation: from-image)

性能向上

  • 動作の高速化
  • PDFファイルの増分ロード(1ページめの表示まで待たされなくなる)

変更

  • サードパーティCookieの完全ブロック

※参照:New WebKit Features in Safari 14 - WebKit Blog (2020/11/16)
 https://webkit.org/blog/11340/new-webkit-features-in-safari-14/新しいウィンドウで開きます

Chrome拡張機能の個人情報取扱条件厳格化

Chromeの拡張機能について、収集した個人情報の取り扱い条件が厳格化されます。

また、開発者は収集する個人情報の種類を管理画面で指定する必要があります。期限は2021年1月18日までです。

※参照:Chromium Blog: Transparent privacy practices for Chrome Extensions (2020/11/18)
 https://blog.chromium.org/2020/11/transparent-privacy-practices.html新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、大規模サイトから中小サイトまで、様々な業種向けにWebサイト構築・リニューアル・運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。