デジタルマーケティングTips

2020年9月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2020年9月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

2020年9月に公式発表された、Facebookの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:コミュニティ規定

1. 暴力と扇動

選挙運営の妨害を抑止する規定が追加・拡張されました。

  • 投票や有権者登録といった行為、あるいは選挙結果を理由とした暴力行為の禁止について、暴力の程度に関して「深刻度の高いまたは中程度の」という記述が削除され、軽度の暴力に関するものも含まれるようになりました。また、禁止行為の範囲についても「実行を望む発言、または条件付きでその実行をうたう発言」が新たに加わりました。
  • 施設に対する武器持ち込みの擁護禁止について、対象施設の例に「開票所や選挙管理施設」が追加されました。
  • 選挙の公式スタッフに対する脅迫があった場合、対応実施に際して詳細情報を必要とする場合があることが追加されました。

※参照:1. Violence and Incitement / 暴力と扇動
 https://www.facebook.com/communitystandards/credible_violence新しいウィンドウで開きます

3. 危害を加えるための計画および犯罪の宣伝

投稿禁止対象に、「『投票に行くと新型コロナウィルス(もしくはその他の感染症)に感染する』という主張」が加わりました。

※参照:3. Coordinating Harm and Publicizing Crime / 危害を加えるための計画および犯罪の宣伝
 https://www.facebook.com/communitystandards/coordinating_harm_publicizing_crime新しいウィンドウで開きます

4. 規制対象商品

  • 非医療用薬物の使用や製造に関する手順の投稿禁止について、禁止内容のうち「宣伝」が「肯定的な発言」に置き換わりました。(範囲が拡大されました)
  • 絶滅危惧種の密猟に関する投稿の禁止について、「製品の使用法・作成方法に関する説明」が禁止対象に加わりました。
  • 減量用商品の使用に関する投稿の表示年齢制限(18歳未満禁止)について、禁止内容のうち「宣伝」が「肯定的な発言や同調」に置き換わりました。
  • 危険につながるおそれのある美容処置に関する投稿の表示年齢制限(18歳未満禁止)について、禁止内容のうち「宣伝」が「肯定的な発言や同調」に置き換わりました。

※参照:4. Regulated Goods / 規制対象商品
 https://www.facebook.com/communitystandards/regulated_goods新しいウィンドウで開きます

規約改定:広告ポリシー

5.2. 制限コンテンツ>デート

広告ターゲティング時の性別を[男性][女性]のいずれかに設定しなければならないという規定が削除されました。

※参照:5.2. 制限コンテンツ>デート - Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/restricted_content/dating新しいウィンドウで開きます

5.10.a. 制限コンテンツ>社会問題、選挙、または政治に関する広告

「一部地域では投票前の選挙に関する広告が制限される場合がある」という規定が追加されました。

※参照:5.10.a. 制限コンテンツ>社会問題、選挙、または政治に関する広告 - Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/restricted_content/political新しいウィンドウで開きます

9. 広告画像内のテキスト(セクション削除)

広告内テキストに関する規定(テキスト面積比が多いほど表示率が下がる)がセクションごと削除されました。以降のセクションは番号が1つ繰り上がります。

※ヘルプでもテキストの面積比に応じて広告表示率が変動する記述がなくなっています。

※参照:広告画像のテキストについて - Facebook Businessヘルプセンター
 https://www.facebook.com/business/help/980593475366490?id=1240182842783684新しいウィンドウで開きます

仕様変更:Facebookグループの管理に関する仕様変更

Faceboookグループの運用に関する仕様変更が行われます。

  • コミュニティ規定違反によりグループ管理者権限を剥奪されたユーザーは、一定期間新規のグループ立ち上げができなくなります。
  • コミュニティ規定違反を行うユーザーは、30日間、グループへの投稿内容が管理者の審査を要するようになります。管理者が承認しない限り投稿は表示されません。
  • Facebookグループが管理者不在で放置されるのを防ぐ仕組みが取り入れられます。
    1. Facebookグループに管理者が1人しかおらず、そのユーザーが管理者を辞任する場合、別の参加者に管理者継承を依頼できます。
    2. 誰も招待を受けなかった場合、Facebookで管理者を引き受けそうなユーザーに同様の管理者就任打診を行います。
    3. それでも誰も管理者を引き受けない場合は、そのグループはアーカイブ化(≒更新凍結)処理が行われます。
  • 健康情報に関するグループがおすすめ表示から除外されます。
  • 暴力的活動を行うグループが削除もしくはおすすめ表示から除外されます。

※参照:Our Latest Steps to Keep Facebook Groups Safe - About Facebook (2020/09/17)
 https://about.fb.com/news/2020/09/keeping-facebook-groups-safe/新しいウィンドウで開きます

新機能:Facebookグループの機能強化

Facebookグループの機能強化が発表されました。

グループ管理者向けツール

  • 管理アシスト機能:NGワード設定や、規約違反歴があるユーザーからの投稿拒否等
  • トピック整理:ハッシュタグによる管理、ピン留め等
  • 公開グループ向けブランドコンテンツ管理ツール
  • コミュニティ管理認定制度:コミュニティ運営に関する講座と試験

コミュニケーション機能の強化

  • グループ内リアルタイムチャット
  • プロンプト:特定トピックに応じた写真をグループ内で投稿・共有しあう機能
  • Q&A:管理者が新規参加者等からの質問に応えるコーナー
  • グループ内向けのプロフィール設定:グループごとに、通常時とは異なるプロフィール写真等を設定できる

※参照:Supporting Online Communities When They're Needed Most - About Facebook (2020/10/01)
 https://about.fb.com/news/2020/10/supporting-online-communities/新しいウィンドウで開きます

新機能(日本語未対応):ライブ動画の自動字幕表示

Facebookのライブ動画で、英語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ドイツ語、フランス語の6言語については、リアルタイム音声認識による自動字幕表示が行われるようになりました。

※参照:New Automated Captions Powered by AI - About Facebook (2020/09/15)
 https://about.fb.com/news/2020/09/new-automated-captions-powered-by-ai/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Facebookページ、Twitter・Instagram・LINEアカウント等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。