デジタルマーケティングTips

2021年3月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年3月の各種ブラウザ仕様変更発表まとめ

2021年3月に公式発表された、各種ブラウザ関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

Google Chrome:Chrome 90新機能・仕様変更

Chrome 90の新機能・仕様変更のまとめです。(ベータ時点での情報)

追加

ブラウザ機能

  • WebRTC(ブラウザベースでのリアルタイムビデオチャット等)がAV1エンコーダーに対応
  • WebXRでの環境光照度推定機能(オリジントライアルから正規機能に昇格)
  • Permissions-Policy HTTPヘッダー対応…従来のFeature-Policy HTTPヘッダーを置き換えるもの

CSS対応

  • aspect-ratioプロパティ(アスペクト比を直接指定し、縦横の片方しかサイズ指定がない場合にアスペクト比情報を利用してもう片方のサイズを計算)
  • overflow:clip;…コンテンツ超過分がクリップされる(overflow:hidden;よりパフォーマンスが向上する)
  • overflow-clip-margin…要素が境界を超過してもどのくらいまでなら描画可能にするかを指定できる

JavaScript

  • at()メソッド…配列等のインデックスにマイナスの値を入れるのに使ったりする
  • StaticRangeコンストラクタ:範囲型指定の際に、Rangeの代わりに使うと、ツリー変更があった時の対応コストを減らせる

オリジントライアル(先行試験実装)

  • getCurrentBrowsingContextMedia()メソッド…表示中のタブで表示中の動画をキャプチャする機能
  • 録画・録音・キャプチャ等のメディアストリームデータを操作するAPI(Chrome 92までトライアル継続予定)
  • Webバンドルを使用したサブリソースの読み込み

変更

  • CSS:appearance と -webkit-appearanceのデフォルト値が、一部のフォームコントロールでautoに変更される
    ・Android以外:input type=color と select
    ・Android:上記に加えてinput type=○○のうち、○○…date / datetime-local / month /time / weekも対象
  • Cross-Origin-Read-Blocking が盗聴をブロックするMIMEタイプにapplication/x-protobufferを追加
  • FileSystemWritableFileStream.write() にファイルの末尾を超えるデータを渡した場合、0x00を書き込んでファイルを拡張する
  • picture要素内のsource要素でwidth/height指定ができるようになる(CLS問題回避等に活用可能)
  • OscillatorOptions.periodicWaveをnullにできなくなった (仕様がFirefoxと共通化された)

廃止

  • plugin-typesディレクティブ削除(Flashサポート終了に伴う)
  • navigator.plugins / navigator.mimeTypes…空を返すよう変更 (Flashサポート終了に伴う)
  • WebRTC RTPデータチャンネル削除(SCTPデータチャンネルに移行が必要)

※参照:Chromium Blog: Chrome 90 Beta: AV1 Encoder for WebRTC, New Origin Trials, and More (2021/03/11) / Google Developers Japan: Chrome 90 ベータ版: WebRTC 用 AV1 エンコーダ、新しいオリジン トライアルなど (2021/04/01)
 https://blog.chromium.org/2021/03/chrome-90-beta-av1-encoder-for-webrtc.html新しいウィンドウで開きます
 https://developers-jp.googleblog.com/2021/04/chrome-90-webrtc-av1.html新しいウィンドウで開きます

Microsoft Edge:旧Edgeのサポート終了

旧Microsoft Edge (Edge Legacy)のサポートが2021/3/9で終了しました。今後は、セキュリティ問題対応等も含めて、アップデートが行われなくなります。

マイクロソフトでは移行先として新Microsoft Edge(Chromiumベース)への案内を行っており、Windows 10 累積アップデートを適用するとEdgeがChromium版に置き換わります。

※参照:Microsoft Edge Legacy desktop application support ends today - Microsoft Edge Blog (2021/03/09)
 https://blogs.windows.com/msedgedev/2021/03/09/microsoft-edge-legacy-end-of-support/新しいウィンドウで開きます

Microsoft Edge:通常より長い更新サイクルが選択可能に

Edge 94より、ブラウザのアップデートサイクルを、ユーザー側で4週間と8週間から選べるようになります。

通常は4週間ごと(Google Chromeと同様)に新バージョンに移行していきますが、「Extended Stable」オプションをオンにすると、これが8週間になります。4週間ごとでは更新頻度が多すぎて対応が追い付かない、という場合におすすめです。

※参照:Serving our customers more effectively with new release cycles for Microsoft Edge - Microsoft Edge Blog (2021/03/12)
 https://blogs.windows.com/msedgedev/2021/03/12/new-release-cycles-microsoft-edge-extended-stable/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、大規模サイトから中小サイトまで、様々な業種向けにWebサイト構築・リニューアル・運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。