デジタルマーケティングTips

2021年3月のLINE仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2021年3月のLINE仕様変更発表まとめ

2021年3月に公式発表された、LINEの主要な仕様変更のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

新機能:Messaging API更新…クイックリプライ機能拡張、ユニット集計機能

Messaging APIが更新され、以下の機能が追加/拡張されました。

  1. クイックリプライ(ボタンを押すだけで回答ができる機能)に、URIを仕込めるようになりました。
    Webサイトへの遷移、電話の発信など、URL/URIで指定できるものであれば、様々なアクションを発動させることが可能です。
  2. メッセージの効果測定について、プロモーションユニット単位での集計ができるようになりました。
    ユニットに含まれていれば、これまで不可能であったマルチキャスト/プッシュメッセージの集計が可能になります。(従来はブロードキャスト/ナローキャストのみ)

※参照:ニュース:Messaging APIアップデート(2021年3月) | LINE Developers (2021/03/10)
 https://developers.line.biz/ja/news/2021/03/10/messaging-api-update-march-2021/新しいウィンドウで開きます

新機能:LINEリサーチ・ライトコースに1問スクリーニング機能を追加

LINEリサーチ・ライトコースで、オプションとして最初に対象を絞り込めるスクリーニング問題を1問設置できるようになりました。費用はサンプル数の範囲(1万人単位)によって変わり、18万円~となります。

※参照:LINEリサーチ、簡単・スピーディーに調査が可能な「ライトコース」で新たに「1問スクリーニング」機能をリリース | LINE for Business (2021/03/03)
 https://www.linebiz.com/jp/news/20210303/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式LINEアカウント・Twitter・Instagram・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。