デジタルマーケティングTips

2020年12月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2020年12月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

2020年12月に公式発表された、Twitterの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:Twitterルール

COVID-19について誤解を招く情報に関するポリシー

新設ポリシーです。新型コロナウィルスCOVID-19に関する虚偽もしくは誤解を招く情報の発信に関する規制について記述しています。

COVID-19に関して、以下の内容について虚偽もしくは誤解を招く情報を発信することは禁止されます。

  • ウイルスの性質
  • 治療・予防措置の有効性/安全性
  • 公的な規制措置
  • 感染/死亡リスク
  • 自己とCOVID-19に関する権威的人物・機関との関係

以下の内容については許容されます。

  • 強烈なコメント・意見・風刺
  • カウンタースピーチ(ヘイトスピーチに対する対抗戦術)
  • 個人的逸話
  • 学術的な公開討論

ペナルティは内容の深刻さや投稿者の過去の違反履歴を勘案してTwitterが判定し、以下から選択されます。

  • ツイート削除勧告、場合によりアカウントロック(ツイート削除によりロック解除)
  • アカウント停止
  • 投稿へのラベル付け(削除はされないが、警告表記付加、エンゲージメント無効化、TL表示頻度減少等、各種制限が課せられる)

※参照:COVID-19 misleading information policy
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/medical-misinformation-policy新しいウィンドウで開きます
 COVID-19: Our approach to misleading vaccine information - Twitter Blog (2020/12/16)
 https://blog.twitter.com/en_us/topics/company/2020/covid19-vaccine.html新しいウィンドウで開きます

画像/動画の表示設定

自分の投稿のセンシティブ設定方法について、Webログイン等の記述が削除され、手順がWeb・ネイティブアプリで共通化されました。

※参照:Your media settings / 画像/動画の表示設定
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/media-settings新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/media-settings新しいウィンドウで開きます

運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー

アカウントのアクティブ状態保持について、冒頭の説明で「少なくとも6か月ごとにログインして、ツイートするようにしてください」という部分からツイートの記述が削除されました。

アクティブでないアカウントの判断は、2019年5月に、[アクティブでないアカウントに関するTwitterの判断基準]セクションでツイートの有無が削除され「ログイン状況に基づきます」となっていましたが、今回の改定で冒頭の説明もそれに沿う形となりました。

※参照:Inactive account policy / 運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/inactive-twitter-accounts新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/inactive-twitter-accounts新しいウィンドウで開きます

規約改定:Twitter広告ポリシー

健康および医薬品に関する商品とサービス

インドの遠隔医療関連広告について、医師個人を宣伝する広告は、本人出稿でなくても禁止となりました。

日本国内の規制については変更はありません。

※参照:Healthcare / 健康および医薬品に関する商品とサービス - Twitter Ads Policy
 https://business.twitter.com/en/help/ads-policies/ads-content-policies/healthcare.html新しいウィンドウで開きます
 https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies/ads-content-policies/healthcare.html新しいウィンドウで開きます

不適切なコンテンツ

新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン・治療・検査キットに関する広告の制限が緩和されました。

従来は報道機関による情報発信に限り可能だったのに対して、今後はそれ以外の広告主(一般企業・医療機関・公的機関等)が、ワクチン・治療・検査キットの宣伝広告を出稿できるようになります。ただし、広告を出稿するには、広告主がTwitterから個別に承認を受ける必要があります。(手続き等の詳細はTwitterに要問い合わせ)

※参照:Inappropriate content / 不適切なコンテンツ - Twitter Ads Policy
 https://business.twitter.com/en/help/ads-policies/ads-content-policies/inappropriate-content.html新しいウィンドウで開きます
 https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies/ads-content-policies/inappropriate-content.html新しいウィンドウで開きます

マルウェアとソフトウェアのダウンロードに関するポリシー

VPN等を使ってジオブロック(地域指定接続制限)つきのサービスや違法サービスへのアクセス手段を提供するソフトウェアや機器が、広告出稿禁止対象に追加されました。

※参照:Malware and software downloads / マルウェアとソフトウェアのダウンロードに関するポリシー - Twitter Ads Policy
 https://business.twitter.com/en/help/ads-policies/ads-content-policies/software-downloads-policy.html新しいウィンドウで開きます
 https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies/ads-content-policies/software-downloads-policy.html新しいウィンドウで開きます

プロモトレンドに関するガイドライン

米国向けにデイリーファンタジースポーツ(スポーツくじとチーム運営シミュレーションゲームをミックスしたようなもの)関連の出稿条件が追記されました。

日本国内向けの変更点はありません。

※参照:Promoted Trends guidelines / プロモトレンドに関するガイドライン - Twitter Ads Policy
 https://business.twitter.com/en/help/ads-policies/product-policies/promoted-trends-guidelines.html新しいウィンドウで開きます
 https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies/product-policies/promoted-trends-guidelines.html新しいウィンドウで開きます

仕様変更:リツイート仕様変更の解除&フリート共有機能移動

リツイート仕様変更が解除され、リツイートボタンを押すと入力ウィンドウが強制表示されず、通常のリツイートと引用ツイートがメニューで選べる仕様に戻りました。(本件は以前より米国大統領選期間中の一時的措置と発表されていました)

なお、これに伴い、あとから追加された「フリートで共有する」機能は、共有メニュー内に移転しました。

※参照:Twitter公式アカウント(@TwitterSupport)のツイート (2020/12/17)
 https://twitter.com/TwitterSupport/status/1339350334162890753新しいウィンドウで開きます
 Twitter公式アカウント(@TwitterSupport)のツイート (2020/12/17)
 https://twitter.com/TwitterSupport/status/1339358182293041153新しいウィンドウで開きます

仕様変更:認証バッジ付与条件の変更

2021年の認証プログラム再開に先立って、2021/01/20以降、認証済みバッジ付与に必要なアカウントのプロフィール完全性確認条件が、以下に変更されます。

  • 確認済みの電子メールアドレスもしくは電話番号が入力されていること
  • プロフィール画像が表示されていること
  • プロフィール名が表示されていること

※ヘッダー画像や自己紹介は必須条件から除外されます

現時点で認証バッジ持ちのTwitterアカウントは、プロフィール名・プロフィール画像・メールアドレスor電話番号のうち欠けているものがある場合、2021/01/20までにプロフィールを編集して条件を満たす必要があります。抜けを放置しておくと、2021/01/20以降バッジを剥奪される場合があります。

※参照:Our plans to relaunch verification and what's next / Twitter認証プログラム再開の計画と今後の予定について - Twitter Blog (2020/12/17)
 https://blog.twitter.com/en_us/topics/company/2020/our-plans-to-relaunch-verification-and-whats-next.html新しいウィンドウで開きます
 https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/company/2020/our-plans-to-relaunch-verification-and-whats-next.html新しいウィンドウで開きます

仕様変更:ツイートがフリート共有された場合の通知

自分のツイートが別ユーザーのフリートで共有された場合、自分に通知が来るようになりました。

※参照:Twitter公式アカウント(@TwitterSupport)のツイート (2020/12/18)
 https://twitter.com/TwitterSupport/status/1339634852195397634新しいウィンドウで開きます

新機能:リプライ制限設定用API

ツイートのリプライ制限設定を示すAPIエンドポイント reply_settings がTwitter API v2で利用可能になりました。

※参照:Conversation reply settings Tweet field - Twitter Developers (2020/12/19)
 https://twittercommunity.com/t/conversation-reply-settings-tweet-field/147169新しいウィンドウで開きます
 Twitter公式アカウント(@TwitterDev)のツイート (2020/12/19)
 https://twitter.com/TwitterDev/status/1339981239294566401新しいウィンドウで開きます

新機能(テスト):リプライ相手との共通事項提示

フォローしていないユーザーの投稿にリプライを送る場合、共通のフォロートピックやフォロー先ユーザー、プロフィール紹介文等を表示する機能が試験実装されています。(Android版アプリ限定)

※参照:Twitter公式アカウント(@TwitterSupport)のツイート (2020/12/18)
 https://twitter.com/TwitterSupport/status/1339677366449299456新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・Instagram・LINE・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。