デジタルマーケティングTips

2020年10月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像:2020年10月のTwitter規約改定・仕様変更発表まとめ

2020年10月に公式発表された、Twitterの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:Twitterルール

回避行為の禁止に関するポリシー

新規ポリシーです。アカウント凍結や一時的ロック等のペナルティに対して、別アカウント作成によりTwitterに復帰する行為の禁止と、発覚時のペナルティについて規定しています。

※参照:Ban evasion policy / 回避行為の禁止に関するポリシー
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/ban-evasion新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/ban-evasion新しいウィンドウで開きます
 Twitter公式アカウント(@TwitterSupport)のツイート (2020/10/14)
 https://twitter.com/TwitterSupport/status/1316047723792150530新しいウィンドウで開きます

児童の性的搾取に関するポリシー

以下の変更が行われました。

  • 禁止対象に「未成年者に対する性的関心を、個性や性的嗜好として助長または正常化する」行為が追加されました。
  • 違反対象外として以下の項目が追加されました。
    ・未成年者への関心に悩んでいる可能性のある個人による、援助要請行動についての会話
    ・未成年が関与した違法または有害な行為を擁護する意見

※参照:Child sexual exploitation policy / 児童の性的搾取に関するポリシー
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/sexual-exploitation-policy新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/sexual-exploitation-policy新しいウィンドウで開きます

TwitterによるCookieとCookieの類似技術の使用

プライバシーオプションに関する記述が、iOS14とそれより前で切り分けられました。

※参照:Our use of cookies and similar technologies / TwitterによるCookieとCookieの類似技術の使用
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/twitter-cookies新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-cookies新しいウィンドウで開きます

暴力的組織に関するポリシー(旧称:テロ行為と暴力的過激主義に関するポリシー)

名称変更および対象組織の記述拡大により、「テロ」や「過激派」に含まれなかった暴力的組織も本ポリシーでの規制対象に含まれるようになりました。

※参照:Violent organizations policy
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/violent-groups新しいウィンドウで開きます

ハッキングされた素材の配布に関するポリシー

主要部がほぼ全面改稿され、不正アクセスにより入手された情報・素材の投稿は内容・用途を問わず全面的にペナルティ対象となるよう範囲が広げられました。(以前は不正入手した個人情報の拡散抑制に主眼が置かれていました)

また、ペナルティの程度についても、ラベル付けなどの軽微なペナルティの記述が追加され、より細分化されました。

※参照:Distribution of hacked materials policy / ハッキングされた素材の配布に関するポリシー
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/hacked-materials新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/hacked-materials新しいウィンドウで開きます

市民の清廉性に関するポリシー

違反ツイートに対するラベル付けペナルティについて記述が追加されました。

  • ラベル付けに警告メッセージが併記される可能性があります。
  • ラベル付けペナルティが発生した場合、返信・リツイート・いいねができなくなる場合があります。
    ※11月上旬時点で英語原文と日本語訳で若干差異が見られます。
    英語原文では「あなたは(ラベル付けされた)該当ツイートに対する返信・リツイート・いいねができなくなります(we'll also turn off your ability to reply, Retweet, or like the Tweet)」とあり、字義通りであれば投稿者以外のユーザーも該当ツイートの返信・リツイート・いいねはできなくなります。
    一方、日本語訳では「当該アカウントがツイートに返信、リツイート、またはいいねを行う機能を無効にする」となっており、この場合ラベル付けを受けたユーザーが他のツイートに対する返信・リツイート・いいね能力を剥奪される(が、他者によるラベル付けツイートの返信・リツイート・いいねは抑制されない)ことになります。

※参照:Civic integrity policy / 市民の清廉性に関するポリシー
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/election-integrity-policy新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/election-integrity-policy新しいウィンドウで開きます

規約改定:Twitter広告ポリシー

理念に基づく広告

  • 政府機関が理念に基づく広告を出稿する場合、これまでターゲティング制限の対象外となっていましたが、対象外扱いが一部を除いて取り消されました。
    ・キーワードや興味関心によるターゲティング…制限を受けるようになりました。
    ・位置情報によるターゲティング…引き続き制限の対象外です。
  • 理念に基づく広告の出稿に必要なTwitterへの認可申請について「一度広告主認可を受けたユーザーは再度認可申請を行う必要はない」という文言が削除されました。

※参照:Cause-based advertising FAQs / 理念に基づく広告に関するよくある質問 - Twitter Ads Policy
 https://business.twitter.com/en/help/ads-policies/ads-content-policies/cause-based-advertising/faqs.html新しいウィンドウで開きます
 https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies/ads-content-policies/cause-based-advertising/faqs.html新しいウィンドウで開きます

健康および医薬品に関する商品とサービス

国別規定のうち、オーストラリアについて、医療機器の広告が解禁されました。

日本国内については特に変更はありません。

※参照:Healthcare / 健康および医薬品に関する商品とサービス - Twitter Ads Policy
 https://business.twitter.com/en/help/ads-policies/ads-content-policies/healthcare.html新しいウィンドウで開きます
 https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies/ads-content-policies/healthcare.html新しいウィンドウで開きます

仕様変更:リンク先未読RT時の注意ダイアログ追加

Webサイトへのリンクを含む投稿について、リンク先を見ずにリツイートしようとした場合、リンク先の閲覧を促すダイアログが1枚挟まれる変更が、テスト期間を経て全ユーザーに適用されました。そのままボタンを押せばリツイートは可能です。

※参照:Twitter公式アカウント(@Twitter)のツイート (2020/10/22)
 https://twitter.com/Twitter/status/1319006269785755648新しいウィンドウで開きます

仕様変更:RT時引用ダイアログ強制表示

リツイート時に引用ツイートを促すダイアログを強制表示する変更(選挙対策の暫定仕様変更)が、10/21より全ユーザーに適用されました。そのままリツイートボタンを押せば通常のリツイートは可能です。

※参照:Additional steps we're taking ahead of the 2020 US Election - Twitter Blog (2020/10/09)
 https://blog.twitter.com/en_us/topics/company/2020/2020-election-changes.html新しいウィンドウで開きます
 Twitter公式アカウント(@Twitter)のツイート (2020/10/21)
 https://twitter.com/Twitter/status/1318900658217648128新しいウィンドウで開きます

仕様変更:Twitter Labs API v1提供終了

Twitter Labs API v1の提供が10月12日(米国時間)をもって終了しました。後継はTwitter API v2となり、移行作業が必要です。

※参照:Twitter公式アカウント(@TwitterDev)のツイート (2020/10/13)
 https://twitter.com/TwitterDev/status/1315720318124650496新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・Instagram・LINE・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。