デジタルマーケティングTips

2020年4月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像

2020年4月に公式発表された、Facebookの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:コミュニティ規定

前文

新型コロナウィルスに関する迷惑行為の取り締まりに関する宣言が冒頭に追記されました。

※参照:コミュニティ規定
 https://www.facebook.com/communitystandards/新しいウィンドウで開きます

4. 規制対象商品

取引関連の投稿禁止・閲覧年齢制限の対象となる各項目が、見出し付きで再編され、分かりやすくなりました。また、一部の項目に変更が加わりました。

投稿禁止

  • 銃火器
  • 非医療用薬物
  • アルコール・タバコ
  • 絶滅危惧種 ※変更あり…規制内容細分化
  • 絶滅危惧種以外の生きた動物
  • 人間の血液
  • ダイエット商品

閲覧制限(21歳未満不可)

  • 銃火器(実店舗)

閲覧制限(18歳未満不可)

  • アルコール・タバコ(実店舗)
  • 刀剣 ※変更あり…制限年齢を21歳→18歳に引き下げ
  • ダイエット商品
  • 美容処置

※参照:4. Regulated Goods / 規制対象商品
 https://www.facebook.com/communitystandards/regulated_goods新しいウィンドウで開きます

13.暴力や過激な描写を含むコンテンツ

動物への残虐描写について、閲覧年齢制限および冒頭警告画面挿入が課せられるようになりました。

閲覧制限(18歳未満不可)、冒頭警告画面挿入

  • 動物を傷つけたり切断したりする描写
    (例外…食肉加工・狩猟・剥製加工・医療関係、もしくは外皮を完全にはがしているものは規制対象外)

※参照:13. Violent and Graphic Content / 暴力や過激な描写を含むコンテンツ
 https://www.facebook.com/communitystandards/graphic_violence新しいウィンドウで開きます

規約改定:広告ポリシー

5.10a/10b 制限コンテンツ>社会問題、選挙、または政治に関する広告

未認証での広告運用、認証手続時の虚偽もしくは誤解を招く情報の入力、その他規約違反が認められた場合は、ページやアカウントの停止などのペナルティが課される場合がある、という記述が追加されました。

※参照:5.10a 制限コンテンツ> 社会問題、選挙、または政治に関する広告 - Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/restricted_content/political新しいウィンドウで開きます
 5.10b 制限コンテンツ> 社会問題、選挙、または政治に関する広告の免責情報 - Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/restricted_content/disclaimers新しいウィンドウで開きます

仕様変更:Facebookデザイン変更

FacebookのWebデザイン変更が発表されました。

  • Webでの操作がアプリ並みに高速化
  • ダークモード対応
  • グループにより重点を置いた設計
  • Facebookページ・グループ・イベントの画面のレイアウト変更により、管理がより簡単に

※参照:Day 1 of F8 2019: Building New Products and Features for a Privacy-Focused Social Platform - Facebook newsroom (2020/04/30)
 https://about.fb.com/news/2019/04/f8-2019-day-1/新しいウィンドウで開きます
 The New Facebook.com - Facebook newsroom (2020/05/08)
 https://about.fb.com/news/2020/05/the-new-facebook-com/新しいウィンドウで開きます

仕様変更:Facebookページ運営者の透明性強化

リーチの多いFacebookページについて、投稿者の所属国の情報が透明化されるようになります。先行して米国で実装されたのち、問題なければ全世界に展開されます。

※参照:Making Pages and Accounts More Transparent - Facebook newsroom (2020/04/22)
 https://about.fb.com/news/2020/04/page-and-account-transparency/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Facebookページ、Twitter・Instagram・LINEアカウント等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。