デジタルマーケティングTips

2020年3月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

記事タイトル画像

2020年3月に公式発表された、Facebookの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

記事バックナンバー一覧
2021年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10
2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

[Twitter | LINE | Instagram | Facebook][Google検索 | ブラウザ]

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:コミュニティ規定

12.ヘイトスピーチ

「他の保護特性(民族・信仰・性別等)と年齢/年代が紐づけられた場合に、年齢/年代を対象とした攻撃に対して、Facebookが保護を提供する」という規定が追加されました。

※参照:12. Hate Speech / ヘイトスピーチ
 https://www.facebook.com/communitystandards/hate_speech新しいウィンドウで開きます

規約改定:広告ポリシー

4.14. 禁止されているコンテンツ>賛否両論のコンテンツ

「広告に、商業目的で災害をネタにするコンテンツを含めてはいけない」という規定が追加されました。

5.10a. 制限コンテンツ>社会問題、選挙、または政治に関する広告

米国ワシントン州向けの広告の制限について、シアトル市条例に関する広告の同州向け配信が新たに禁止されました。

※参照:Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/新しいウィンドウで開きます

規約改定:プラットフォームポリシー

10. ゲーム

10.4.h インスタントゲームに関する「パフォーマンス最低基準」が追加されました。達成できないものはポリシー違反となります。

  • 月間アクティブプレイヤー(MAP)を最低3000人以上維持すること(直近28日間以内に30分以上ゲームをプレイすればMAPとしてカウントされる)
  • 新規公開ゲームはグローバル公開から60日以内に上記数値を達成すること

※グローバル公開の定義は、ブラジル・フランス・インド・インドネシア・メキシコ・フィリピン・タイ・英国・米国・ベトナムのうち1ヶ国でも含むか、その他の地域の6ヶ国以上(5ヶ国超)で公開されるもの

※グローバル公開前のテストを継続したい開発者は、上記10ヶ国での公開を避け、その他の地域でも6ヶ国以上での公開を行わないこと

17. Messengerプラットフォーム

  • 17.2 ユーザーに混乱を招く意味不明なメッセージや、汎用エラーメッセージを送信することが禁止されました。
  • 17.3.a・17.4.b メッセージスレッド初期化の合意を取るボタンや、問い合わせボタン等には、ボタン名や説明をわかりやすく表示することという規定が追加されました。
  • 17.6 否定的フィードバックを過剰に受けるMessengerアプリ(チャットボット等)は、機能制限・応答数制限・削除等の処分を科される場合がある、という規定が追加されました。
  • 17.8.1.a 直近の応答から24時間以上経過しても、1回に限り追加のメッセージを出せるという規定が削除されました。
  • 17.8.1.b 24時間の応答期限を過ぎても使用可能なメッセージの種類として、[タグ][テンプレート]以外に[クイック返信][その他の構造化されたメッセージ]の記載が追加されました。いずれも、ドキュメントに規定された正しい使い方をされることが条件となります。
  • 17.8.2.a 個人間のメッセージ機能について、他ユーザーのブロック機能がない場合、ユーザー情報をマスクしたメッセージ送信・転送等を行ってはならないという規定が追加されました。
  • 17.8.2.b スパムの送信を禁止する規定が追加されました。
  • 17.8.2.c メッセージタグを宣伝・広告・マーケティング・勧誘に使用するのを禁止する規定が追加されました。
  • 17.8.3 Messengerでのニュース送信について、事前登録が必要なこと、用途はニュース送信に限り、宣伝・広告・マーケティング・勧誘用途での仕様は禁止であることが規定として追加されました

19. Live API

モバイル端末のカメラから直接のストリーミングを禁止する規定が削除(解禁)されました。

※参照:Facebookプラットフォームポリシー
 https://developers.facebook.com/policy/新しいウィンドウで開きます

仕様変更:Messenger Platformのメッセージ送信権限仕様変更

新型コロナウィルス(COVID-19)に関する虚偽の情報の投稿が、第三者ファクトチェッカーの判定により削除されるようになります。

※参照:Combating COVID-19 Misinformation Across Our Apps - Facebook newsroom (2020/03/25)
 https://about.fb.com/news/2020/03/combating-covid-19-misinformation/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Facebookページ、Twitter・Instagram・LINEアカウント等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。