デジタルマーケティングTips

2019年9月のGoogle検索・アクセス解析仕様変更発表まとめ

2019年9月に公式発表された、Google検索・アクセス解析関連の主要な仕様変更発表のまとめです。

2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

Google検索:スニペットを制御するためのmetaタグ追加

検索結果のスニペット(概要)表示を部分的に制御する表記が追加されました。これまではスニペット表示避けを行いたい場合<meta name="robots" content="nosnippet">などでスニペット表示を全面的に禁止していましたが、ある程度柔軟に表示を制御しつつ許可することが可能になります。

<meta name="robots" content="○">の○に入れる表記(セミコロン(;)で区切って複数指定可能)

  • max-snippet:(数値)…スニペット表示のページ概要の文字数を、指定した数値までに制限します。
  • max-video-preview:(数値)…スニペット表示の動画プレビューの長さを、指定した数値(秒単位)に制限します。
  • max-image-preview:◇(◇=none, standard, largeのいずれか)…スニペットに使用する画像の表示サイズを、なし(none)/標準(standard)/大型(large)から選ぶことができます。

また、span・div・section要素にdata-nosnippet属性を付与すると、タグに囲まれた部分はスニペットに使用されなくなります。本文の一部分を明示的に指定してスニペット避けしたい場合に有効です。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog: More options to help websites preview their content on Google Search (2019/09/24)
 https://webmasters.googleblog.com/2019/09/more-controls-on-search.html新しいウィンドウで開きます
 Robots meta tag, data-nosnippet, and X-Robots-Tag specifications
 https://developers.google.com/search/reference/robots_meta_tag?hl=en新しいウィンドウで開きます

Google検索:外部リンク用rel属性値の拡張

これまではバナー広告や掲示板書き込みの外部リンクなどには、ブラックハットSEO対策のペナルティを回避する方法として<a>要素に「rel="nofollow"」属性を付与することが推奨されていましたが、それらの属性を指定するための新たな属性値が追加されました。

  • rel="sponsored"…広告やスポンサーシップなど、リンク元がリンク先から対価を得ているリンクであることを明示する場合に指定します。
  • rel="ugc"…ユーザー生成コンテンツ(User Generated Content)によってリンクが作られていることを明示する場合に指定します。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog: Evolving "nofollow" – new ways to identify the nature of links (2019/09/10)
 https://webmasters.googleblog.com/2019/09/evolving-nofollow-new-ways-to-identify.html新しいウィンドウで開きます

Google Search Console:旧Search Consoleの提供終了

旧Search Consoleのダッシュボード画面や各種ツール類の提供が、2019/09/09をもって完全に終了しました。

※参照:Official Google Webmaster Central Blog: Saying goodbye to the old Search Console (2019/09/09)
 https://webmasters.googleblog.com/2019/09/goodbye-old-search-console.html新しいウィンドウで開きます

Google Search Console:データ集計の速報値表示対応

  • これまではアクセス解析結果がレポートに反映されるまでに3日程度かかっていましたが、1日程度で速報データとして表示されるように変更されました。なお、最終版の確定データになるには数日かかります。
  • 期間の選択肢に、「最新日」として最新の日付だけのデータ(集計中の速報値)を表示できるようになりました。
  • 集計形式に「日付」が追加されました。日付単位でクリック数・表示回数・CTR率・掲載順位を集計し、表形式で数値をエクスポートできます。
  • ※参照:Official Google Webmaster Central Blog: Fresher data in your site's Search Performance report (2019/09/23)
     https://webmasters.googleblog.com/2019/09/search-performance-fresh-data.html新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)やアクセス解析による改善提案など、Webサイト運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。