デジタルマーケティングTips

2019年6月のFacebook規約改定・仕様変更発表まとめ

2019年6月に公式発表された、Facebookの主要な規約改定・仕様変更等のまとめです。

2020年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07
2019年: 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12
2018年: 07 / 08 / 09 / 10 / 11 / 12

※規約改定については原則として原文(英語版)の変更点を対象としています。このため、日本語版未反映の内容を扱うことがあります。

規約改定:Facebook利用規約

7/31よりFacebook規約の改訂が行われ、ほぼ全面的に文面が刷新されます。
内容変更のポイントは以下の通りです。

  • 「Facebookはユーザーの個人情報を売り物にしません」「その代わりにターゲティング広告を配信させてもらいます、Facebookは広告主からいただく広告料で成り立っています」と明記・強調されます。
  • 規約改定前のプレビュー公開時期について、「30日前までに」と明記されます。
  • 規約改定の条件として、Facebookが随時自由裁量で変えられるのではなく、「適切でなくなった場合、不備がある場合、変更が相当である場合」など説得力のある条件を要することが明示されます。
  • コンテンツ強制削除の場合、ユーザーから異議申し立てができることが明示されます。(重大な違反等の場合はこの限りではありません)
  • ユーザーネーム強制変更の場合、Facebookから説明があることが明示されます。

※参照:Facebook利用規約
 https://www.facebook.com/legal/terms/新しいウィンドウで開きます
 We're Updating Our Terms of Service to Better Explain How Facebook Works / Facebookの仕組みをわかりやすく説明するための利用規約の更新 – Facebook newsroom (2019/06/27)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/06/updating-our-terms/新しいウィンドウで開きます
 https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/06/updating-our-terms/新しいウィンドウで開きます

規約改定:広告ポリシー

4.9. 禁止されているコンテンツ>成人向けコンテンツ

禁止項目について、「ユーザーとの出会いやつながり、ユーザー投稿コンテンツの閲覧を機能として持つコンテンツについて、性的な意味を持たせた内容の広告を掲載すること」が追加されました。

5.10a/10b. 制限コンテンツ>社会問題、選挙、または政治に関する広告 / 社会問題、選挙、または政治に関する広告の免責情報

政治・選挙に関する広告の規制対象が拡大され、内容が社会問題にかかわるものであっても同様の規制が適用されることになりました。

※参照:Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/新しいウィンドウで開きます

規約改定:コミュニティ規定

1. 暴力と煽動

  • 禁止行為である「標的の死亡につながる脅迫」の標的(本規定による保護対象)について、「凶悪犯罪歴/性犯罪歴のある(ことが報道等で確立されている)人間」が標的の例外に加わりました。(本規定による保護対象から除外されました)
  • 禁止行為に、「切迫した暴力行為/傷害行為を支援するような誤報」が加わりました。
  • 禁止行為に、「各種礼拝施設のような場所に軍事兵器を持ち込むことを呼びかける行為(もしくはそれを奨励する行為)」が加わりました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>1. 暴力と煽動 (Violence and Incitement)
 https://www.facebook.com/communitystandards/credible_violence新しいウィンドウで開きます

5. 規制対象商品

  • 投稿禁止対象の「銃火器・爆発物の売買・提供禁止」について、例外として「銃火器の実店舗」「正規の合法Webサイト」「公共機関(警察署等)」による投稿は禁止対象外となりました。
  • 投稿禁止対象について、「銃火器・爆発物に関する3Dプリンタ用のデータファイル」が、現物と同様の規制対象に加わりました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>5. 規制対象商品 (Regulated Goods)
 https://www.facebook.com/communitystandards/regulated_goods新しいウィンドウで開きます

6. 自殺と自傷行為

  • 投稿禁止対象に、「摂食障害に関する用語と一緒に肋骨/鎖骨/内股の隙間/臀部/へこんだ腹部/突き出た脊椎/肩甲骨を描写したり、急激に不健康な体重減少を指示したりするコンテンツ」が追加されました。
  • センシティビティスクリーンの適用対象に、「肋骨/鎖骨/内股の隙間/臀部/へこんだ腹部/突き出た脊椎/肩甲骨の(肉付きの)回復を描写するコンテンツ」が追加されました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>6. 自殺と自傷行為 (Suicide and Self-Injury)
 https://www.facebook.com/communitystandards/suicide_self_injury_violence新しいウィンドウで開きます

8. 成人に対する性的搾取

  • 投稿禁止対象について、「盗撮/ローアングル画像」(creepshot/upskirt)は対象が現実の人物である場合に限定されました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>8. 成人に対する性的搾取 (Sexual Exploitation of Adults)
 https://www.facebook.com/communitystandards/sexual_exploitation_adults新しいウィンドウで開きます

9. いじめと嫌がらせ

  • 禁止行為に、「個人の電話番号・住所・メールアドレスを公開すると脅迫する行為」が追加されました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>9. いじめと嫌がらせ(Bullying and Harassment)
 https://www.facebook.com/communitystandards/bullying新しいウィンドウで開きます

11. ヘイトスピーチ

  • 禁止対象の「レベル3: 上述の特性に基づいた個人またはグループの排除または差別を呼びかける攻撃」の「排除」(exclusion)について定義が追加されました。
    1. 明示的な排除表現(「追放」「不許可」など)
    2. 政治的排除(参政権の否定など)
    3. 経済的排除(資格獲得や労働市場参入の制限など)
    4. 社会的排除(場や社会サービスへの参加の制限など)

※参照:Facebookコミュニティ規定>11. ヘイトスピーチ (Hate Speech)
 https://www.facebook.com/communitystandards/hate_speech新しいウィンドウで開きます

15. 残酷で配慮を欠いた発言

  • 投稿禁止対象に「家庭内暴力や、重大な肉体的外傷を描写もしくは嘲笑する投稿」が追加されました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>15. 残酷で配慮を欠いた発言 (Cruel and Insensitive)
 https://www.facebook.com/communitystandards/cruel_insensitive新しいウィンドウで開きます

17. 偽装

  • 禁止行為に、「Facebookページ・グループ・イベントやInstagramプロフィールが削除されたことを理由に、同様のFacebookページ・グループ・イベントやInstagramプロフィールを新設・管理する行為」が追加されました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>17. 偽装 (Misrepresentation)
 https://www.facebook.com/communitystandards/misrepresentation新しいウィンドウで開きます

仕様変更:投稿につくコメントの表示序列調整

ニュースフィード表示の仕様変更です。

  • 公開投稿につくコメントの表示序列が、一定のアルゴリズムにより変更されるようになります。(投稿本体の表示序列の変更ではありません)
  • コメントの表示序列は、コメントをつけたユーザーが規約違反等のペナルティを受けていないか、内容が[人々が見たがる内容のもの]であるかどうか、リアクションや返信がついているか(特に、投稿主本人や投稿主の友だちのリアクション・返信がついたか)、などで決まります。
  • Facebookページ、およびフォロワーの多い個人は、コメント表示序列の調整をオフにすることができます。

※参照:Making Public Comments More Meaningful - Facebook newsroom (2019/06/14)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/06/making-public-comments-more-meaningful/新しいウィンドウで開きます

開発環境更新:各種CMS用Facebookピクセルプラグイン更新

Wordpress・Drupal・Joomla用のFacebookピクセルプラグインが更新されました。

※参照:Official Facebook Pixel Plugin for Wordpress, Drupal, and Joomla - Facebook for Developer (2019/06/21)
 https://developers.facebook.com/ads/blog/post/2019/06/21/official-facebook-pixel-plugin-for-wordpress-drupal-and-joomla/新しいウィンドウで開きます

開発環境更新:Unity用Facebook SDK更新

Unity用のFacebook SDKが更新されました。イベント設定が、コードを書かなくてもできるようになります。

※参照:Introducing Codeless Unity App Events Setup as Part of New Facebook Unity SDK - Facebook for Developer (2019/06/19)
 https://developers.facebook.com/ads/blog/post/2019/06/19/introducing-codeless-unity-app-events-setup/新しいウィンドウで開きます

新機能:新デジタルウォレットアプリ発表

仮想通貨Libraを扱う新会社「Calibra」の設立、および同名のアプリが発表されました。2020年サービス開始予定です。

※参照:Coming in 2020: Calibra / 「Calibra」:新しいグローバル通貨のためのデジタルウォレット、2020年に登場 - Facebook newsroom (2019/06/18)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/06/coming-in-2020-calibra/新しいウィンドウで開きます
 https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/06/calibra_launch/新しいウィンドウで開きます

新機能:募金機能の日本国内サービス提供

Facebookの募金ツール機能について、以下のサービスが日本国内でも始まります。

  • 非営利団体のための募金キャンペーン
  • 誕生日の募金キャンペーン

※参照:非営利団体のための募金キャンペーン、誕生日の募金キャンペーンの作成が可能に – Facebook newsroom (2019/06/18)
 https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/06/fundraiser-expansion/新しいウィンドウで開きます

新機能:献血支援機能(米国のみ)

Facebookが米国で献血支援機能の提供を開始しました。 ユーザーが血液型等をFacebook上に登録しておくと、米国血液センターで献血者を必要としたときに、Facebookから対象ユーザーに通知が送られます。

※参照:Helping Increase Blood Donations in the US - Facebook newsroom (2019/06/12)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/06/us-blood-donations/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Facebookページ、Twitter・Instagram・LINEアカウント等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。