デジタルマーケティングTips

2019年4月のFacebook規約改訂・仕様変更発表まとめ

2019年4月に公式発表された、Facebookの主要な規約改訂・仕様変更等のまとめです。

規約改訂:広告ポリシー

4.18 (禁止されているコンテンツ>存在しない機能)

禁止対象である機能偽装行為の実例(動画再生ボタンやチェックボックス等を広告画像内に入れてクリックを誘発する行為など)が追記されました。

※参照:Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/新しいウィンドウで開きます

規約改訂:ページ、グループ、イベントに関するポリシー

7 (求人ポリシー)

見出し名が変更(「ページでの」が削除)され、対象範囲がFacebookページ以外のグループ・イベントにも拡大されました。

※参照:Facebook ページ、グループ、イベントに関するポリシー
 https://www.facebook.com/policies/pages_groups_events/新しいウィンドウで開きます

規約改訂:コミュニティ規定

5. 規制品

投稿禁止コンテンツに、「生きた動物を個人間で売買しようとするコンテンツ」が追加されました。

※参照:Facebookコミュニティ規定>5.規制品
 https://www.facebook.com/communitystandards/regulated_goods新しいウィンドウで開きます

規約改訂:プラットフォームポリシー

以下の項目が追加されました。

  • 1.10 予想・診断アプリと称して個人情報を収集する、有用性の低いアプリが禁止されました。
  • 7.23 アプリの使用記録やAPIアクセスが90日間ない場合、対象アプリのAPI利用許可が一時停止もしくは剥奪される場合があるという規定が追加されました。
  • 8.9 ユーザー体験の向上のために意味があるもの以外のユーザーデータ取得が禁止されました。ユーザーデータを取得する場合は、ユーザー体験提供のためにどのようにデータが使われるかを明示する必要があります。

※参照:Facebookプラットフォームポリシー
 https://developers.facebook.com/policy/新しいウィンドウで開きます

仕様変更:4月末・6月末のAPI一部廃止

Graph API / Marketing API v3.3の公開にともない、4/30をもって、アプリ・写真・動画・広告に関する広範なAPIの動作が停止しました。(具体的な内容はFacebook開発者向けドキュメント「April 30th, 2019 — Endpoint Deprecations」を参照)
APIのバージョンが3.2までであれば、過去90日以内に対象APIを使用したことのあるアプリに限り、6/30までは同APIを使用することができます。(過去に使用したことのないアプリは4/30で終了です)

そのほか、開発モードでのページAPI呼び出し数制限(毎時200回まで)など一部で制限が加わっています。

※参照:New Facebook Platform Product Changes and Policy Updates (2019/04/24)
 https://developers.facebook.com/blog/post/2018/04/24/new-facebook-platform-product-changes-policy-updates/新しいウィンドウで開きます
 API Updates and Important Changes - Facebook for developers (2019/04/25)
 https://developers.facebook.com/blog/post/2019/04/25/api-updates/新しいウィンドウで開きます
 April 30th, 2019 — Endpoint Deprecations - Facebook for Developers
 https://developers.facebook.com/docs/graph-api/changelog/4-30-2019-endpoint-deprecations/新しいウィンドウで開きます
 Introducing Graph API v3.3 - Facebook for developers (2019/04/30)
 https://developers.facebook.com/blog/post/2019/04/30/graph-api-v3.3/新しいウィンドウで開きます
 Marketing API, v3.3 - Facebook for developers (2019/04/30)
 https://developers.facebook.com/ads/blog/post/2019/04/30/marketing-api-v3.3-release/新しいウィンドウで開きます

新機能:Facebook改訂(F8発表)

Facebookの開発者向けイベント「F8」で、以下の新機能・改良が発表されました。
・デスクトップ表示がシンプルで高速な新デザイン「FB5」にリニューアル (2~3か月以内に順次提供開始予定)
・グループの機能改訂…デザイン改訂、ゲームや健康など特定トピックに関するグループを作成
・恋愛マッチング機能「Facebook Dating」の提供地域拡大(日本国内未対応)、ひそかに好みの相手同士のマッチングを支援する「Secret Crush」機能の導入
・新しい友達を増やすための機能「Meet New Friends」の導入
・イベントタブの新設(今夏予定)…おすすめイベントなどを表示

※参照:Day 1 of F8 2019: Building New Products and Features for a Privacy-Focused Social Platform - Facebook Newsroom (2019/04/30)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/04/f8-2019-day-1/新しいウィンドウで開きます

新機能:Messenger改訂(F8発表)

Facebook Messengerについても、F8内で、以下の新機能・改良が発表されました。
・アプリの高速化・軽量化
・友達と共通の動画を同時視聴しながらビデオチャット
・Windows / macOS用アプリ版 (Messenger 2019年後半提供開始予定) グループビデオ通話等の機能をPCでも実現
・親しい友達・家族との専用コミュニケーションスペース (2019年後半提供開始予定)
・広告マネージャーに企業コミュニケーション用のテンプレートを追加

※参照:Day 1 of F8 2019: Building New Products and Features for a Privacy-Focused Social Platform - Facebook Newsroom (2019/04/30)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/04/f8-2019-day-1/新しいウィンドウで開きます

新機能:追悼アカウントの機能追加

追悼アカウント関連の新機能が追加されます。
・追悼アカウントに「トリビュートセクション」を新設し、亡くなったユーザー本人の投稿と、友達等のシェア等を分離できるようになりました。
・追悼アカウント管理人に指定されたユーザーは、トリビュートセクションに投稿される内容の管理権限を持ちます。タグ付けの設定・削除、投稿・閲覧可能なユーザーの設定、カバー写真更新、プロフィール上部固定投稿の設定等が可能になります。

※参照:Making It Easier to Honor a Loved One on Facebook After They Pass Away / Facebookにおける故人を偲ぶ機能の改善について - Facebook Newsroom (2019/04/09)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/04/updates-to-memorialization/新しいウィンドウで開きます
 
https://ja.newsroom.fb.com/news/2019/04/updates-to-memorialization/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・Instagram・LINE・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。