ニュース

Tips: 2019年4月のTwitter規約改訂・仕様変更発表まとめ

2019年4月に公式発表された、Twitterの主要な規約改訂・仕様変更等のまとめです。

規約改訂:フォロー数/フォロー解除数制限変更

スパム対策のため、1つのアカウントから1日にフォロー/フォロー解除できるアカウント数が1000から400に削減されました。

※参照:About Twitter limits / Twitterリミットについて
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/twitter-limits新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-limits新しいウィンドウで開きます
 Twitter公式アカウントの投稿 (2019/04/08)
 https://twitter.com/TwitterSafety/status/1115308523901079557新しいウィンドウで開きます
 https://twitter.com/TwitterJP/status/1115366303219322880新しいウィンドウで開きます

規約改訂:選挙関連のルール追加

Twitterルールに「選挙の清廉性に関するポリシー」「フランスにおける誤った情報の報告」が追加されました。

※参照:Election integrity policy / 選挙の清廉性に関するポリシー
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/election-integrity-policy新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/election-integrity-policy新しいウィンドウで開きます
 Reporting false information in France / フランスにおける誤った情報の報告
 https://help.twitter.com/en/rules-and-policies/france-false-information新しいウィンドウで開きます
 https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/france-false-information新しいウィンドウで開きます

仕様変更:古いAPIの廃止

投稿画像のURLの仕様変更に伴い、ドキュメントのURL旧仕様と新仕様を解説する部分が更新されました。

※参照:Updated media API documentation is now available - Twitter Developers
 https://twittercommunity.com/t/updated-media-api-documentation-is-now-available/125050新しいウィンドウで開きます
 Entities object — Twitter Developers ([Photo Media URL Formatting]にある[Legacy format][Modern format]の比較を参照)
 https://developer.twitter.com/en/docs/tweets/data-dictionary/overview/entities-object#photo_format新しいウィンドウで開きます

仕様変更:リプライ表示形式の変更

プロフィール表示の[ツイートと返信]タブを表示した際に、これまでは本人の返信のみを表示していましたが、返信先ツイートを含めたスレッドで表示するように変更されます。

※参照:Twitter公式アカウントの投稿 (2019/04/16)
 https://twitter.com/Twitter/status/1118295916874739714新しいウィンドウで開きます

新機能:返信投稿者名へのラベル表示(テスト中)

返信について、会話促進のため[Author](元投稿者)、[Mentioned](返信者)、[Following](フォロー中)の3種類のラベルが表示される新機能のテストが行われています。

※参照:Twitter公式アカウントの投稿 (2019/04/04)
 https://twitter.com/Twitter/status/1113865009724104704新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・Instagram・LINE・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。