デジタルマーケティングTips

2019年3月のFacebook規約改訂・仕様変更発表まとめ

2019年3月に公式発表された、Facebookの主要な規約改訂・仕様変更等のまとめです。

広告ポリシー改訂

4.20 (禁止されているコンテンツ>給料日ローン、給料前のキャッシング、保釈保証サービス)

短期ローンについて、「90日以内のローン」と定義が追加されました。

※参照:Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/新しいウィンドウで開きます

タイムライン取得APIへの制限追加

[新設]5.14 (ページに関するポリシー>コンテンツの独自性の欠如)

Facebookページは独自性のほとんどないコンテンツを投稿・拡散してはいけない、という項目が追加されました。

※参照:Facebookページ、グループ、イベントに関するポリシー
 https://www.facebook.com/policies/pages_groups_events/新しいウィンドウで開きます

広告用リンク画像の縦横比変更

広告用画像の仕様が変更されます。
4/30以降、画像の縦横比は1:1が標準となり、1.91:1は使用できなくなります。
(1:1の画像は既に使用できる状態になっています)

※参照:Defaulting to Flexible Image Aspect Ratio for Image Link Ads on Facebook - Facebook for developers (2019/03/26)
 https://developers.facebook.com/ads/blog/post/2019/03/26/flexible-image-link-ads/新しいウィンドウで開きます

ワクチン関連の誤情報に関する対抗措置

ワクチン関連の誤情報を含む投稿、およびそれを投稿したFacebookページおよびグループについて、以下のペナルティ措置が取られます。
・Facebookページおよびグループ自体の(ワクチン誤情報以外を含めた)ニュースフィード表示ランクが低下します。
・Facebookページおよびグループ自体が(ワクチン誤情報以外を含めて)検索結果表示から除外されます。
・ワクチン関連の誤情報を含む広告が申請された場合、掲載拒否されます。
・反ワクチン的な広告ターゲティングが設定された場合、強制解除されます。
・ポリシー違反の行動が続いた場合、広告アカウントの停止など上位の対抗措置が実行されます。

※参照:Combatting Vaccine Misinformation - Facebook newsroom (2019/03/07)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/03/combatting-vaccine-misinformation/新しいウィンドウで開きます

「この広告が表示される理由」の機能強化

広告の右上メニュー内にある「この広告が表示される理由」クリックで表示される内容に、以下が追加されます。
・広告主が顧客情報リストをFacebookにアップロードしてそれに基づいて(顧客に近い属性の人などに)広告配信している場合、配信を受けたユーザーにそのことが表示されます。
・広告の出稿に広告主以外の企業が関わっている場合、そのことが表示されます。

※参照:Why Am I Seeing This? We Have an Answer for You - Facebook newsroom (2019/03/31)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/03/why-am-i-seeing-this/新しいウィンドウで開きます

プライバシーを意識したSNSサービスへの移行に関する展望

マーク・ザッカーバーグCEOが、Facebookの今後の展望や原則に関する考えと、それに伴って今後数年間かけてサービスを再構築する構想を発表しました。
・非公開なやり取りの重視……利用者間の情報交換が、公開範囲外からアクセスされないこと
・通信の暗号化……End-to-Endな暗号化通信により、当事者以外の何者も(Facebookすらも)通信内容にアクセスできないようにすること
・永続的コンテンツの縮小……投稿コンテンツが、投稿者にとって必要な時期を過ぎても残り続けないような体制への移行
・安全性の追求……暗号化されたサービスの範囲内で提供可能な限り安全性を追求する
・相互運用性……Facebook社が提供する範囲では、異なるメッセージアプリ間でメッセージを送受信するなど、利用者が相手の使うアプリに縛られず自分の使いたいアプリを使えるようにする
・データ保存の安全性……プライバシーや表現の自由などの人権が保護されない国では機微な情報を収集しない

※参照:A Privacy-Focused Vision for Social Networking - Facebook newsroom (2019/03/06)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/03/vision-for-social-networking/新しいウィンドウで開きます

TV実況ウォッチパーティ

動画ウォッチパーティの新機能として、TV番組への実況コメントが可能になります。
対戦チームのスコアを表示したり、放送中にアンケートを実施したりすることが可能になります。まずは限定された番組での初期テストから開始となります。

※参照:What's New With Video and Music on Facebook - Facebook newsroom(2019/03/13)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/03/whats-new-with-video-and-music-on-facebook/新しいウィンドウで開きます

リベンジポルノ対策の強化

リベンジポルノなど被写体本人の同意を得ない性的な写真・動画の拡散に対する対策の強化として、性的な写真・動画をAIが画像認識してFacebookに自動通報するようになります。(加害者の報復を恐れて手動通報できない被害者がいることへの対処です)
通報された内容は運営チームが精査し、コミュニティ規定に違反すると判断された場合、削除や投稿者アカウント停止等の措置が取られます。

※参照:Detecting Non-Consensual Intimate Images and Supporting Victims - Facebook newsroom (2019/03/15)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/03/detecting-non-consensual-intimate-images/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・Instagram・LINE・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。