デジタルマーケティングTips

2019年2月のGoogle検索・アクセス解析新機能発表まとめ

2019年2月に公式発表された、Google検索・アクセス解析関連の主要な仕様変更のまとめです。

[Google Search Console]サブドメインの統合管理対応

これまでSearch Consoleでは、PC版/モバイル版などがサブドメインに分かれたサイトはそれぞれ別々に管理されていましたが、ドメインプロパティの設定により、これらを統合して管理できるようになります。なお、DNSレコードの確認などによる所有権の確認作業が必要です。

※参照:Announcing domain-wide data in Search Console - Official Google Webmaster Central Blog (2019/02/27)
 https://webmasters.googleblog.com/2019/02/announcing-domain-wide-data-in-search.html新しいウィンドウで開きます

[Google Search Console]URL自動正規化

同一ページへのアクセスを示すURLが複数の種類に散らばっている場合(PC版・モバイル版など)、4月10日以降、Google側で適宜選択した正規URL(canonical URL)に統合されます。これにより、Search Consoleでのクリック数・表示数等の表示が影響を受けます。

※参照:Consolidating your website traffic on canonical URLs - Google Webmaster Central Blog (2019/02/06)
 https://webmasters.googleblog.com/2019/02/consolidating-your-website-traffic-on.html 新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)やアクセス解析による改善提案など、Webサイト運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。