ニュース

Tips: 2019年2月のTwitter・LINE・Facebook規約改訂・仕様変更発表まとめ

2019年2月に公式発表された、Twitter・LINE・Facebookの主要な規約改訂・仕様変更等のまとめです。

[Twitter]ホーム表示の対象拡大

ホーム表示(話題性のあるツイートを優先表示)が、Windows(UWP)版Twitterクライアント、Twitter Lite、ブラウザ(モバイル版)でも適用されるようになりました。

※参照:Twitter公式アカウントのツイート (2019/02/24)
 https://twitter.com/TwitterJP/status/1099821116141391877新しいウィンドウで開きます

[Twitter]プロフィール表示方式の変更テスト

iOS版Twitterで、リプライやメンションで表示されるユーザー名をタップした際のプロフィール表示について、画面遷移せずポップアップでプロフィールを表示する新方式のテストが始まりました。

※参照:Twitter公式アカウントのツイート(2019/02/13)
 https://twitter.com/Twitter/status/1095784011845324801新しいウィンドウで開きます

[LINE]LINE@サービス統合の日程が決定

LINE@が、4月18日をもってLINE公式アカウントに統合され、以後は「LINE公式アカウント」のフリープラン/ライトプラン/スタンダードプランとして利用するようになります。
・LINE@認証済みアカウントの新規受け付けは3/1でいったん終了し、4/18の公式アカウント移行後に再開します。
・各プランの違いはメッセージ送信数上限/追加可否のみで、その他の機能は全プラン共通になります。Message APIもフリープラン含めて使えるようになります。
・移行手続きは4/18以降各利用者が手動で行う必要があります。(4/26~5/7のGW期間中は受け付けていません)
・移行せず8/19まで放置した場合、8/19以降順次強制的にLINE@各プランからLINE公式アカウント・フリープランに移行されます。(LINE@有料プランのアカウントも一律フリープランに強制移行)
・任意のID(アカウント名)が年1200円(税別)で使えるようになります。(初年度が少し下がります)
・運営支援環境が「LINE@マネージャー」から「LINE Official Account Manager」に替わります。
・LINE@ロゴはLINE公式アカウントのロゴに統合されます。(要入れ替え)
・従来のLINE公式アカウントは、新LINE公式アカウントの中で「プレミアムアカウント」という種別になります。

※参照:【重要】LINE@サービス統合の実施日と詳細情報のご案内:LINE@公式ブログ(2019/02/07)
 http://blog-at.line.me/archives/52991806.html新しいウィンドウで開きます
 https://d.line-scdn.net/stf/line-lp/migrationinfomation_LINEAT190207.pdf新しいウィンドウで開きます
 https://d.line-scdn.net/stf/line-lp/migrationnote_LINEAT190207.pdf新しいウィンドウで開きます
 LINE Official Account Manager
 https://www.linebiz.com/jp/login/新しいウィンドウで開きます

[Facebook]広告ポリシー改訂

5.10.a (制限コンテンツ>政治または国家的に重要な問題に関する広告)

「Facebookは政治に関する広告や意見広告を制限することがあります」という文言が追加されました。

5.10.b (制限コンテンツ>政治または国家的に重要な問題に関する広告の免責情報)

・見出し名が変更されました。

 英語版(原文)日本語版(訳)
変更前"Paid For By" Disclaimers「PR」の免責情報
変更後Disclaimers for Ads Related to Politics or Issues of National Importance政治または国家的に重要な問題に関する広告の免責情報

・免責情報が広告のヘッダーに表示されることが明記されました。
・免責情報の内容について、付属情報として記載されているガイドライン(「詳しくはこちら」をクリック)を遵守する必要があることが明記されました。

※参照:Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/新しいウィンドウで開きます
 5.10.bの付属ガイドライン
 https://www.facebook.com/policies/ads/restricted_content/disclaimers新しいウィンドウで開きます

[Facebook]プラットフォームポリシー改訂

以下の開発者ツールが公開されました。(3/15時点ではまだベータです)

APIドキュメントリゾルバー (API Documentation Resolver)

コンテンツのURL・アクセストークンを入れると、必要なAPIに関するドキュメントページへのリンクを表示してくれます。

オブジェクト可視性デバッガー (Object Visibility Debugger)

オブジェクトにアクセスしようとして、「unsupported get request(非対応のGETリクエスト)」というエラーが発生する場合、指定したオブジェクトが利用できない理由などが分かるようになります。

※参照:New Development Tools and Features – Facebook for Developers (2019/02/22)
 https://developers.facebook.com/blog/post/2019/02/22/new-dev-tools-features/新しいウィンドウで開きます

[Facebook]バックグラウンド時の位置情報取得制御(Android)

Android版Facebookで、アプリがバックグラウンド状態の時に位置情報の取得を許可するかどうかが、ユーザー側で制御できるようになりました。

※参照:Improving Location Settings on Android – Facebook newsroom (2019/02/20)
 https://newsroom.fb.com/news/2019/02/location-settings-android/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・Instagram・LINE・Facebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。