デジタルマーケティングTips

2018年11月のGoogle検索・アクセス解析新機能発表まとめ

2018年11月に公式発表された、Google検索・アクセス解析関連の主要な仕様変更のまとめです。

Google PageSpeed InsightsがLighthouseを採用

Google PageSpeed Insightsの分析に、同社新型分析エンジンの「Lighthouse」が使用されるようになりました。

・Google Chrome用Lighthouseプラグインや、コマンドラインからのLighthouse利用等と一貫性のある診断結果・改善指摘等が得られるようになります。
・Chrome ユーザーエクスペリエンスレポートに十分なデータがあれば、フィールドデータを通じて、自サイトが他サイトと比べて早いか遅いかが表示されます。
・PageSpeed Insights API ver. 5では、LighthouseやChrome ユーザーエクスペリエンスレポートから得られるデータが取得できます。なお、旧バージョンのPageSpeed Insights APIは6か月後にサポートを終了します。

※参照:PageSpeed Insights、Lighthouse の使用を開始しました - Google ウェブマスター向け公式ブログ(2018/11/12)
 https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/11/pagespeed-insights-now-powered-by.html新しいウィンドウで開きます
 https://webmasters.googleblog.com/2018/11/pagespeed-insights-now-powered-by.html新しいウィンドウで開きます

Google Search Consoleに、定期購入ページが情報不十分な場合の警告表示を追加

定期購入に関するトラブルの問題に対応するため、PC版・モバイル版Google Chrome 71以降(Android用アプリのWebViewを含む)では、料金情報が不十分な定期購入ページについて、ユーザーに対して警告が表示されるようになりました。ポイントは主に以下の通りです。

・料金に関する情報がユーザーに明示されているか
・ユーザーが利用規約に同意する前に、料金を簡単に把握できるか
・簡単に理解できる料金体系になっているか

該当するページは、Search Consoleで警告が表示されます。警告を受けた場合は、サイトを改善したのち、Search Consoleから再審査リクエストを送り、Googleが問題の解決を確認すると、警告表示が削除されます。対応方法がよくわからない場合は、ウェブマスターヘルプフォーラムから質問することも可能です。

※参照:定期購入ページの説明が不十分な場合は警告が表示されるようになります - Google ウェブマスター向け公式ブログ (2018/11/08)
 https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/11/unclear-mobile-subscription-notification.html 新しいウィンドウで開きます
 https://webmasters.googleblog.com/2018/11/unclear-mobile-subscription-notification.html 新しいウィンドウで開きます
 ウェブマスター ヘルプ フォーラム(日本語)
 https://productforums.google.com/forum/#!forum/webmaster-ja新しいウィンドウで開きます
 モバイルの請求金額を明確に伝える - Search Console ヘルプ
 https://support.google.com/webmasters/answer/9111943新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)やアクセス解析による改善提案など、Webサイト運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。