ニュース

Tips:2018年9月のGoogle検索・アクセス解析仕様変更発表まとめ

2018年9月に公式発表された、Google検索・アクセス解析関連の主要な仕様変更のまとめです。

[Google Search Console]新バージョンの正式公開

SEO用のサイト管理ツール「Google Search Console」の新バージョンが、ベータテスト期間を終了し、ついに正式版としてリリースされました。

集計表示機能

・インデックスカバレッジレポート:インデックス登録ページ数、エラー発生ページ数が表示されます。

・検索パフォーマンス レポート:サイトが検索結果に表示された回数、クリックされた回数、クリック率、平均掲載順位などが表示されます。

・リンクレポート:外部サイトからのリンクが多いページ、リンク元サイトなどが表示されます。

・URL検査ツール:個別のページについて、URLを指定して、インデックス登録状況やAMP・構造化データ・スマートフォン対応(モバイルユーザビリティ)のエラーチェックができます。また、インデックス未登録のページについてはGoogleにクロールのリクエストが出せます。

アラート機能

・クロール、インデックス登録、AMP、スマートフォン対応(モバイルユーザビリティ)などの状況について、問題があった場合、自動でアラートが送られます。

・HTMLの修正が必要な箇所をレポートで指定してくれます。

・企業・組織内の関連する担当者に、素早く情報をシェアできるようになります。

・エラー修正後、Search Consoleの管理画面からGoogleに再検証依頼を送ることができます。

サイトマップ・アカウント管理機能

サイトマップ情報の送信、管理サイトの追加・管理者アカウントの招待・権限管理など、旧バージョンでおなじみの管理機能も搭載しています。

※参照:The new Search Console is graduating out of Beta - Google Webmaster Central Blog (2018/09/04)
 https://webmasters.googleblog.com/2018/09/the-new-search-console-is-graduating.html新しいウィンドウで開きます
 Google Search Console
 https://search.google.com/search-console新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、Webサイトの検索エンジン最適化(SEO)やアクセス解析による改善提案など、Webサイト運用・改善サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。