ニュース

Tips:2018年9月のTwitter・Instagram・Facebook規約改訂・仕様変更発表まとめ

2018年9月に公式発表された、Twitter・Instagram・Facebookの主要な規約改訂・仕様変更のまとめです。

[Twitter]「人間性の否定に関するポリシー」制定準備開始

Twitterでは他ユーザーの人間性を否定する攻撃的・差別的発言を抑止するための新ポリシー制定を計画しており、その前段階の手続きとして、同ポリシーに対する意見を、Twitterブログ記事内のフォームで2018/9/24(月)~10/9(火) 06:00(米国時間)まで募集しています。

※参照:ポリシー作成における新たな変更- Twitter Blog (2018/09/24)
 https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/company/2018/Creating-new-policies-together.html新しいウィンドウで開きます

[Instagram]ダイレクトメッセージでのGIFアニメ利用

ダイレクトメッセージで、GIFアニメ(GIPHYが提供するもの)をスタンプのように送れる機能が追加されました。

※参照:Say it with GIFs in DMs – Instagram (2018/09/20)
 https://instagram-press.com/blog/2018/09/20/say-it-with-gifs-in-dms/新しいウィンドウで開きます

[Instagram]ストーリー投稿でのショッピング機能追加

Instagramストーリーズ投稿にショッピング機能が追加されました。

ショッピング機能の利用資格を持つビジネスアカウントは、ストーリーズのコンテンツに製品スタンプを追加できるようになります。製品スタンプをタップすると、商品詳細ページの内容を表示できます。

※参照:Instagramストーリーズと発見でショッピング機能を提供 – Instagram for Business (2018/09/17)
 https://business.instagram.com/blog/announcing-shopping-in-instagram-stories-and-explore/新しいウィンドウで開きます
 New Ways to Shop on Instagram – Instagram (2018/09/17)
 https://instagram-press.com/blog/2018/09/17/new-ways-to-shop-on-instagram/新しいウィンドウで開きます

[Facebook]ページ、グループ、イベントに関するポリシー改訂

4:ページ、グループ、イベントでのデータの取得:Facebookページ管理者の所在地が欧州経済領域(EEA)参加国内である場合、「ページ、グループ、イベントに関するポリシー」に紐づけられた「ページインサイト管理者に関する補足」についても同意する必要があります。

※欧州経済領域(EEA)=EU28ヶ国+アイスランド・リヒテンシュタイン・ノルウェー

※参照:ページ、グループ、イベントに関するポリシー
 https://www.facebook.com/policies/pages_groups_events/新しいウィンドウで開きます
 ページインサイト管理者に関する補足
 https://www.facebook.com/legal/terms/page_controller_addendum新しいウィンドウで開きます

[Facebook]プラットフォームポリシー改訂

インスタントゲームに関する規定が追加されました。(最終更新日は2018/05/07のまま変更なし)

・10.4.e:同一ゲームの重複登録・申請禁止
 (アップデートの場合は既存のものを更新し、新規に登録し直したりしない)

・10.4.f:コンテクストダイアログの表示は、関連する動作をユーザーが行ったあとのみ行う
 (例えば、context.chooseAsyncダイアログの表示は、[友達とプレイ]ボタンを押したあとで行う、など)

※参照:Platform Policy(英語)
 https://developers.facebook.com/policy/?locale=en_US新しいウィンドウで開きます
 プラットフォームポリシー(日本語) 10月5日時点では改訂未反映
 https://developers.facebook.com/policy/?locale=ja_JP新しいウィンドウで開きます

[Facebook]広告ポリシー改訂

13.4:「広告ライブラリ(Ad Archive)」稼働に伴い、政治関連の該当するFacebook広告が自動的に広告ライブラリに収集・保存されること、掲載期間終了後も検索結果に表示されることが明記されました。広告ライブラリは、Facebook広告の中でも、政治的な広告・国家的な重要な問題に関連する広告が出稿から7年間保管され、ユーザーが自由に検索・閲覧できるサイトです。

なお、広告ライブラリの現在の収集対象地域は、2018年10月5日時点では米国・ブラジルの2ヶ国のみで、日本はまだ含まれていません。

※参照:Facebook広告ポリシー
 https://www.facebook.com/policies/ads/新しいウィンドウで開きます
 広告ライブラリ
 https://www.facebook.com/ads/archive/新しいウィンドウで開きます

[Facebook]セキュリティ脆弱性対応/プレビュー機能一時停止

アクセストークン情報の不正取得・アカウント乗っ取り対策として、プロフィール等が指定ユーザーにどう見えるかが分かる「特定のユーザーへのプレビュー」機能が当面無効化されました。また、約9000万人のユーザーのアクセストークンがリセットされました。該当ユーザーは再ログインが必要です。

※参照:セキュリティに関する重大なアップデート – Facebook newsroom(2018/09/28)
 https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/09/security_update/新しいウィンドウで開きます

[Facebook]Facebookストーリーズ広告の全世界対応

Facebookストーリーズ内の広告出稿が全世界で利用できるようになりました。

※参照:世界中のすべての広告主向けにFacebookストーリーズ広告の提供を開始 (2018/09/27)
 https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/09/facebok_ads_in_stories/新しいウィンドウで開きます

マックスマウスでは、企業公式Twitter・FacebookやFacebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用 APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。