ニュース

Tips:2018年7月のTwitter・Facebook仕様変更発表まとめ

2018年7月に公式発表された、Twitter・Facebookの主要な仕様変更のまとめです。

[Twitter]フォロワー数表示の仕様変更

フォロワー数表示について、ロックされたアカウントが数に含まれないようになりました。これによって、表示上のフォロワー数が減少する場合があります。ロックされたアカウントが復帰すると、表示は元に戻ります。

※参照:フォロワー数の信頼性を高めるための取り組み (2018/07/11)
 https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/company/2018/Confidence-in-Follower-Counts.html

[Twitter]全アプリ開発者の開発内容登録義務化・アプリ個数制限適用

7月24日(米国時間)以降、すべてのアプリ開発者について、新規アプリ開発・既存アプリの管理を行う際に、アプリのユースケースなどを英語で申告する手続きが必要になりました。(これまでも2017年11月以降の新規開発登録者はこの手続きが必須になっていました)

1アカウントあたりのアプリの個数が10件まで、ツイートの数が3時間あたり300件まで(該当アプリ全利用者合計)といった制限が課されることになりました。

今後9月10日には、POSTアクティビティのデフォルトのレートが大幅に制限されることも発表されました。

※参照:プラットフォームの健全性向上を目指す開発者向けの新しい要件(2018/07/25)
 https://blog.twitter.com/developer/ja_jp/topics/tools/2018/jp-new-developer-requirements-to-protect-our-platform.html

[Facebook]APIの仕様変更・一部廃止

APIの仕様変更・一部廃止が発表されました。

  • ・Graph API Explorer…7月2日以降、テスト時にアプリ独自のアクセストークンが必要になりました。
  • ・Profile Expression Kit…10月1日に機能が廃止されます。
  • ・Media Solutions…API群の一部が8月1日に廃止されます。
    廃止対象:Topic Search、Topic Insights、Topic Feed、Public Figure
  • ・ページAPI…Facebookページを検索できる機能が復活します。なお、Facebookページの公開コンテンツにアクセスするには許可を得る必要があり、これに伴ってアプリ審査が必要になります。
  • ・マーケティングAPI…7月2日から、APIの使用に際しアプリ審査が必要になりました。また、アクセス権の種類が2種類に変更になりました。
  • ・リード獲得広告の取得・ライブ動画API…使用する場合アプリ審査が必要になります。

※参照:API制限などのアップデートについて - Facebook newsroom(2018/07/06)
 https://ja.newsroom.fb.com/news/2018/07/a-platform-update/

[Facebook]グラフAPI・マーケティングAPI v3.1が公開

7月26日(米国時間)、グラフAPI・マーケティングAPI v3.1が公開になりました。次期更新は2018年秋ごろになる可能性が示唆されています。

  • ・ページAPI…これまで役割単位で許可が発行されていたのが改訂され、タスク単位で許可が発行されるようになりました。
  • ・Webhook…10月24日をもって、一部のWebhookが廃止されます。
    廃止:pic_square_with_logo, pic_small_with_logo, pic_big_with_logo, pic_with_logo
    また、Webhook v2.11 よりも前のバージョンを使用している場合は、https通信対応の都合上2020年1月30日までにv2.11以上にバージョンを上げる必要があります。
  • ・ライブ動画…パラメーターの名称が変更されます。
    変更前:type ⇒ 変更後:source
    typeパラメーターは2018年10月24日をもって廃止されます。これに伴い、ライブ動画関連でグラフAPI v3.0までを使用しているユーザーは、上記パラメーターの置換が必要になります。
  • ・グラフAPIエクスプローラー…新バージョンのベータが公開されました。新バージョンでは現在付加されている許可の内容が視認しやすくなっています。
  • ・マーケティングAPI…役割ベースで許可が行われていたのが、タスクベースでの許可に変更になりました。
    なお、v3.0より前のマーケティングAPIは2018年8月7日に廃止されるため、該当バージョンを使用しているアプリはv3.0以降へのアップグレードが必要です。

※参照:Introducing Graph API v3.1, Marketing API v3.1 and Graph API Explorer (Beta) (2018/07/26) 
https://developers.facebook.com/blog/post/2018/07/26/introducing-graph-api-v3.1-marketing-api-v3.1-graph-api-explorer-beta/
Introducing Marketing API v3.1 (2018/07/26)
https://developers.facebook.com/ads/blog/post/2018/07/26/marketing-api-v31/

マックスマウスでは、企業公式TwitterやFacebookページ等ソーシャルメディアの運用支援、SNS用 APIを活用したWebシステム開発サービスを提供しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。